映画


1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/06/11(日) 16:56:01.70 ID:CAP_USER9
http://www.oricon.co.jp/news/2092218/full/
2017-06-11 15:37

 米俳優のキアヌ・リーブスが11日、主演作『ジョン・ウィック:チャプター2』のプロモーションのために約2年ぶりに来日。 ロングフライト直後にも関わらず、成田空港に集まった250人のファンにサインや撮影などサービスした。

 チャド・スタエルスキ監督と来日したキアヌは、ファンとの交流を楽しみながら、集まった報道陣に「また日本に来られて最高の気分だ。とても幸せだよ!」とコメント。 前回の来日では、配給会社も知らないうちに自身のプロデュースするバイクで鈴鹿サーキットを爆走し、くまモンと記念撮影を行うなど、数々の伝説を残した。今回は何をやってくれるのか、注目が集まる。

 同作は2015年に公開されたアクション映画の続編。全米ではオープニングから8日間で前作のトータル興行収入を超えるなど、ヒットを記録している。
前作に加えて『マトリックス』でもキアヌと共演したローレンス・フィッシュバーンも出演する。7月7日より公開。

no title

no title

no title

【【映画ニュース】<ラーメン大好きキアヌさん>キアヌ・リーブス、2年ぶりに来日】の続きを読む


1: 西野亮廣 ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 00:41:32.60 ID:CAP_USER9
hamazo_ranking
  「ゴッドファーザー」が、映画史上最高の作品に選ばれた。

  アル・パチーノとマーロン・ブランド主演によるドン・ヴィト・コルレオーネ一家の犯罪組織を追った1972年公開の同作品が、
エンパイア誌が主催する5000人の映画ファンによる投票で1位に輝いた。

  第2位には2014年の同投票で1位を獲得したこともある「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が続き、 「ダークナイト」が3位、「ショーシャンクの空に」が4位、「パルプ・フィクション」が5位となっている。

  また10位圏内には「グッドフェローズ」「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」「ジョーズ」 「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」「ロード・オブ・ザ・リング」などが名前を連ねた。

http://www.excite.co.jp/News/cinema/20170610/Narinari_20170610_44212.html

【【映画ランキング】映画史上最高の作品ランキングが発表。ダークナイトは3位に】の続きを読む


1: 的井 圭一 ★@無断転載は禁止 【特別重大報道】©2ch.net 2017/05/19(金) 12:36:40.11 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
 sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
 車田正美氏による人気漫画「聖闘士星矢」が、米ハリウッドで実写映画化されることが発表された。 車田氏は「30年以上の長きに渡り、『星矢』を愛してきてくれたファンの皆様、そして新たなる世代のために……。 全世界に向けた『星矢』のかつてないプロジェクトを贈ります。ぜひ、ご期待ください」とコメントを寄せている。

 「聖闘士星矢」は、“聖闘士(セイント)”と呼ばれる戦士たちが、それぞれ選ばれし星座の防具“聖衣(クロス)”をまとい、現代に生まれ変わった女神アテナを守るために戦う人気シリーズ。 1985~90年に「週刊少年ジャンプ」で連載された原作は、ギリシア神話をモチーフにした物語と設定が人気を博し、累計発行部数は3500万部を突破した。 また東映アニメーションによるアニメ版は、これまで250話以上のTVシリーズと6本の劇場版が製作され、世界80以上の国と地域で放送および上映。その総売上は11億ドルを超えている。


 今回のハリウッド実写化は、東映アニメーションと、映画「続・深夜食堂」など東映関連作品の中国配給を手がけるA Really Good Film Company Limited(以下、ARGF)が開発・共同製作を担当。 監督はナイキやFIFAなどのCMを手がけたビジュアル・アーティストであり、 ショートアニメ「Katedra(原題)」(2002)では第75回米アカデミー賞にノミネートされたポーランドの新星トメック・バギンスキーが務め、プロデューサーには東映アニメーションの池澤良幸氏、 製作総指揮には同社会長の森下孝三氏らが名を連ねている。

 アニメ版「聖闘士星矢」初代シリーズの監督・プロデューサーを務めた森下氏は、「『聖闘士星矢』は長きに渡って世界中のファンから愛され続けてきたアニメーション作品だ」としたうえで、 「今回ARGFとタッグを組み、この作品を世界中の観客に提供できることにとても興奮している。これをきっかけに、当社の他作品もあとを続けるよう期待している」と明かしている。


no title


2017年5月19日 00:00
「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化!原作・車田正美「かつてないプロジェクト」 : 映画ニュース - 映画.com
http://eiga.com/news/20170519/1/

※前スレ ★1=2017/05/19(金) 07:33:45.94
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495146825/

【「聖闘士星矢」がハリウッドで実写映画化!原作・車田正美「かつてないプロジェクト」】の続きを読む


1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/05/10(水) 23:09:32.59 ID:CAP_USER9
http://dramanavi.net/sp/news/2017/05/-2049-2.php

 SF映画の傑作として30年以上語り継がれる『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』。10月27日(金)より公開となる今作より最新予告編が到着!

 新たに到着した予告編映像は、まるで人間と見分けのつかない"レプリカント"の衝撃の誕生シーンから幕を開ける。怪しげな施設、袋の中から滑り落ちる"レプリカント"。ジャレッド・レトー(『スーサイド・スクワッド』)演じる謎の男がその驚くべきシステムの秘密を握っていることは間違いない。

 対する、ロビン・ライト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)演じる捜査官の女性は「秩序を守ることが我々の仕事」だと言う。「この世界は分断されている。一つにしようとすると、争いが起こる」―30年経ってなお、世界は"人間"と"レプリカント"の間に深い溝があることがうかがえる。次々と畳み掛ける強烈なインパクトある映像に、衝撃と更なる疑問が一気に吹き上がる! この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく。

 今最も愛されている注目の俳優ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)。そしてハリウッドの伝説的俳優ハリソン・フォード(『スター・ウォーズ』シリーズ)。対象的な舞台と対象的な服装で佇む二人の捜査官;ブレードランナーは最強タッグを組み、新たな世界を魅せる『ブレードランナー 2049』。今回予告編と同時に解禁となった新旧二人のキャラクターを表現したポスター2種は、冷たいトーンの霧の中にたたずむライアンの横に近未来型の車、そして橙色の砂漠を歩くハリソンの手には、ファンにはおなじみの"ブラスター"らしき銃を携えている。 対照的な姿の二人...。しかし、彼らが見据えている方向が同じであるということが印象的なポスターとなっている。

 オリジナルのファンも必見の『ブレードランナー 2049』は、10月27日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

2017/05/10

【【映画】『ブレードランナー 2049』最新予告編】の続きを読む


1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2017/05/03(水) 13:37:02.93 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 5/3(水) 5:00

 元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

 2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

 元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

 「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

 7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。


映画化される「検察側の罪人」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170503-00000000-spnannex-000-2-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

※前スレ
no title


【【映画】 嵐にすがるキムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演】の続きを読む


1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/05/02(火) 18:29:20.11 ID:CAP_USER9
  [映画.com ニュース] バイオレンス・アクションの金字塔「レザボア・ドッグス」の誕生25周年を祝うべく、クエンティン・タランティーノ監督と、ハーベイ・カイテル(Mr. ホワイト役)、マイケル・マドセン(Mr. ブロンド役)、スティーブ・ブシェーミ(Mr. ピンク役)、ティム・ロス(Mr. オレンジ役)らキャストが再結集。米ニューヨークのトライベッカ映画祭で4月28日(現地時間)に行われた特別上映後のトークショーにそろって出席した5人は、思い出話を交えながら同作にまつわる裏話の数々を披露した。

  米Deadlineによれば、冒頭キャスティングについて尋ねられたタランティーノから、「実はトム・ウェイツもオーディションしたんだ」と驚きの事実が発覚。「あのセリフをトム・ウェイツが口にするのを聞きたいがために、マドンナのくだりを読んでもらったんだけど、天下のトム・ウェイツに、『詩的で良く出来た脚本だ』って褒められた時は、最高に誇らしかったね」と述懐したという。

  映画史上最もアイコニックなシーンの1つとなった、Mr. ブロンドの“拷問ダンス”の話題になると、会場の盛り上がりは最高潮に。スティーラーズ・ホイールのヒット曲「スタック・イン・ザ・ミドル」の軽快なリズムに合わせて踊りながら、警官の耳を切り落とす有名なシーンだが、同役を演じたマドセンいわく、撮影当日その場で考えついたアドリブによる演技だったという。

  マドセンはまず「おれが完全にビビっちまっていたせいで、リハーサルもやらせてくれなかったよな」と監督にツッコミを入れた後、「脚本にはただ『狂ったように踊り回るMr. ブロンド』としか書いていなかったし、ミック・ジャガーみたいに踊り狂えばいいのか?とか、あれこれ想像してみたものの、どうすりゃいいのかまったく分からなかった」と告白。解決策が見つからないままぶっつけ本番で撮影に臨んだが、「曲が鳴り出した瞬間、ジェームズ・キャグニーが頭に浮かんだんだ。どの映画だったかは忘れたけど、彼がクレイジーなダンスをする場面をふと思い出してね。その結果が、あのシーンってわけさ」と、往年の映画スターにインスピレーションを得たことを明かした。


引用ここまで
http://eiga.com/news/20170502/12/
no title


【【海外ニュース】『レザボア・ドッグス』25周年でタランティーノ&キャスト陣が再集結で裏話披露!】の続きを読む


1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/04/27(木) 10:05:00.72 ID:CAP_USER9
 [映画.com ニュース] 山崎賢人主演、三池崇史監督のメガホンで荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の新予告編が、完成した。映像では精神エネルギーを具現化した“スタンド”が披露され、水が唸りをあげて男性の体内に入り込む模様をとらえている。

 シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター一族とディオ・ブランドーらの世代・時空を超えた戦いを描く。映画は日本が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化しており、高校生の東方仗助(山崎)がM県S市杜王町の平穏を脅かす存在と対峙し、スタンドと呼ばれる特殊能力が飛び交う死闘を繰り広げる。

 予告は、仗助が不良に髪型をけなされ、「今、なんつった?」とブチ切れる様子からスタート。続いて康一(神木隆之介)、由花子(小松菜奈)、承太郎(伊勢谷友介)の関係性が明らかになるが、敵対する凶悪殺人犯・アンジェロ(山田孝之)、謎の虹村兄弟(岡田将生&真剣佑)が登場するや、雰囲気は一変する。映像の後半は「スタンドって何?」「見えるのか? このスタンドが」などの言葉がおどり、最後は満身創痍の仗助が「俺は別に冷静ですよ。ちょこっと頭に血がのぼっているだけっす」とつぶやくさまで締めくくられている。

http://eiga.com/news/20170427/4/



【【映画】“スタンド”がついにお披露目!実写版『ジョジョ』新予告完成】の続きを読む


1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/09(日) 14:46:50.62 ID:CAP_USER9

main_report_img
番組では「ピカソ×北野武」と題し、画家・ピカソを愛好する北野が“ピカソの1枚”として「泣く女」(1937年)を選び、その魅力を語っていった。

北野は、ピカソが「泣く女」で表現した複雑な感情について、自身の映画を引き合いに出しながら考察していく。
感情を表現することは「難しい」と指摘した上で、北野映画に極端な暴力シーンがよく登場する理由について
「振り子が±0の所にあり+(プラス)に“暴力”、-(マイナス)に“愛”があるとしたら、+10の暴力は10の愛になるポテンシャルエネルギーがある」と、自身の理論を説明したのだ。

続けて北野は「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
「中途半端な暴力は中途半端な愛情表現しかない」とし、自身における愛憎の表現方法について語った。


その上で、ピカソの「泣く女」について、北野は「怒っているのと泣いているのと、相乗効果で二つの感情が同時に爆発している感じがある」と指摘する。
さらに、絵の中に緑色などを使っている点に注目し、「これが肌色だとつまらない」と、ピカソの表現方法を分析していた。

2017年4月9日 13時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12911698/

【【テレビ】<北野武>「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」】の続きを読む


1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/04/07(金) 03:26:26.39 ID:CAP_USER9
4月7日(金)から公開される映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。
今までに公開されている予告編では1995年の劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』をオマージュしたシーンも見受けられ、興奮が収まらない『攻殻』ファンの方もいるのではないでしょうか。
今回は『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開を前に、本作に多大なる影響を与えた劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、そして続編『イノセンス』を手がけた押井守監督にインタビューしてきました。

■生身の人間が肉体を通さないと表現できない

――電脳や義体、ネット犯罪など時代を先取りしていた『攻殻機動隊』(以下『攻殻』)ですが、最近はVRやAIが身近な存在になり時代が少しずつ追いついてきているように感じます。
 そういった時代の流れの中で、今後の『攻殻機動隊』はどんな作品になって行くのでしょうか?


押井守:いやーそれは誰にも分からない。
 ただ、バーチャルとかデジタルとかハッキングも、『攻殻』が作られた当時から概念としてあったんだよね。
 小説の世界では昔にやってたことばかりで、それが現実になったってだけの話です。
 デジタル社会の警告とか、テクノロジーの警告とか、僕は関係ないと思う。『攻殻』でやりたかったのはもうちょっと古めかしい事だから。
 20年どころか200年前から変わってないこと。

 要するに人間だけがなぜ身体を再確認する過程が必要になるのかとか。身体論だと思う。
 人間ってどう言う風に意識ができてるのか、本当に横にいる人間とおんなじ現実を見ているんだろうかとか、そういうことを誰がどうやって保証するのとか、だから人間が生きることのリアリティって本当はなんなのっていう。
 それは僕が『攻殻』に限らずずっとやって来たこととほとんど変わらないと思う。人間にしか興味ないから。
 だからテクノロジーやバーチャルに実際そんなに興味があるわけじゃないんだ。
 だからこそ、わりと冷徹に見てるのかもしれない。あまりそういうものに極端に希望を持ってないし絶望もしていない。

 ただ実際、1995年の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は時期的に攻めてたから、ちょっと早かったのかもしれない。
 そもそも士郎正宗さんの原作がなければあり得なかった話だけどね。あれを通過することで自分なりに読み替えただけだから。
 今回の映画はそれが随分整理された。“記憶を感知する”ということで決着つけちゃっていいんだろうかという。
 言っちゃえば哲学的には大幅に後退している。
 でもその分、人間が体を失うこととか記憶を失うことの意味を具体的な映像や絵面で説得しているんですよ。
 これはとても大きなことで、アニメーションにはできない。やっぱり具体的に生身の人間が肉体を通さないと表現できないよ。
 役者さんの身体がささえている映画であることは間違いないと思います。


 だからこそアニメーションはアニメーションでできることを考えるしかない。同じようなことはできないから。
 でも今は途方に暮れてるところ。自分がアニメを作る機会があるとしたら、結構な作品を完成させるっていう自信はあるんだけれども。
 それ以上のものにならないんだったらあんまりやる意味がないからね。
 も『攻殻』や『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』でやったような、アニメで表現できる新しいテーマは今のところ思い付かない。
 今は正直ハリウッド映画の方が表現としては質・量ともに上というか、逆転しちゃったんだよね。 
 だから今の日本のアニメーションがハリウッド映画とかアメリカ映画に与えるものは何もない。演出も含めて停滞してるんだよね。

■画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


動画:https://youtu.be/rbtxXcO3ieY



http://www.gizmodo.jp/2017/04/oshii-mamoru-interview.html

※続きます

【【映画】実写版『攻殻機動隊』を見た押井守監督の評論】の続きを読む


1: Japanese girl ★@無断転載は禁止 2017/04/05(水) 02:37:46.20 ID:CAP_USER9
maxresdefault
「攻殻機動隊」の実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が3月31日に海外で公開されたが、米国における公開後3日間の興行成績が1900万ドル(3位)と振るわなかった。

本作が利益を生み出すまでの道のりは遠く、1億1000万ドルの制作費を回収するためには、日本を含むその他の地域で成功する必要がある。Varietyによれば、ルパート・サンダース監督が手掛ける本作は、米国以外の市場で今のところ4010万ドルの興行収入を得ている。

一方で、4月1日に公開されたドリームワークスの新作3Dアニメーション映画「The Boss Baby」は、2週間連続でトップに立っていた実写版「美女と野獣」を抜き、4900万ドルで興行成績1位に輝いている。

その他、日本では7月公開予定の「パワーレンジャー」が4位、トム・ヒドルストン主演の「キングコング: 髑髏島の巨神」が5位についている。

米国における3月31日(金)~4月2日(日)までの興行成績ランキングは以下の通り(Box Office Mojoより)。

1. The Boss Baby - 4900万ドル
2. 美女と野獣 - 4750万ドル
3. ゴースト・イン・ザ・シェル - 1900万ドル
4. パワー・レンジャー - 1450万ドル
5. キングコング: 髑髏島の巨神 - 880万ドル
6. LOGAN/ローガン - 620万ドル
7. Get Out - 580万ドル
8. ライフ - 560万ドル
9. CHiPs - 410万ドル
10. The Zookeeper's Wife - 330万ドル


「ゴースト・イン・ザ・シェル」についてもっと知るには、1992年の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を生み出した押井守監督のインタビュー記事と、映画のメイキングに迫るコンセプトアートをチェックしよう。↓
http://jp.ign.com/ghost-in-the-shell-live-action-movie/12565/news/

【【映画】海外で一足先に公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」、その興行成績は如何に?】の続きを読む


1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/16(木) 18:42:28.79 ID:CAP_USER9
http://www.crank-in.net/movie/news/48883
2017年03月16日 15:00

ハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル 』の来日記者会見が16日、都内で行われ、少佐役のスカーレット・ヨハンソン、荒巻役のビートたけし、
バトー役のピルー・アスベック、オウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ、そしてメガホンをとったルパート・サンダース監督が出席した。

本作は、士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を、『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督が実写映画化。
近未来を舞台に、脳以外のすべてが義体の少佐(スカーレット・ヨハンソン)が指揮をとる捜査組織公安9課が、世界を脅かすサイバーテロリストたちを阻止するために活躍する姿を描く。

日本発の人気マンガ・アニメの実写化ということにヨハンソンは「長い旅でしたが、本作を最初にお披露目するのは東京であることがふさわしい」と語ると
「最初にアニメを拝見させていただいたときには、実写化のイメージが見えてこず、気持ちが怯んだ部分もありましたが、サンダース監督と長い時間会話をして世界観の共有をしました。
世界中で愛されている作品に出演することは光栄であることと共に責任を感じますが、キャラクターの成長と共に自分も成長できました。とても大きな経験ができた作品です」とすがすがしい表情で語っていた。

 そんなヨハンソンの取り組みに、たけしは「大きなバジェットの映画に出られたことは、自分にとって大きな経験でした。
役者をやるとき、どう振る舞ったらいいかスカーレットさんに教えていただいた。素晴らしい人です」と絶賛。

 さらにたけしは「人気のコミックやアニメの実写化は文句を言われることが多いけれど、原作に忠実であり、しっかりと新しいものが入っている。
アニメ・コミックの実写映画で、最初の成功作品になるのではないか」と出来に太鼓判を押すと「唯一の失敗は、荒巻なんじゃないかな」と自虐コメントで会場を笑わせていた。

 サンダース監督は「この作品は世界中にファンが多く、しかも士郎さんや押井さんに恥じないような作品を作らなければいけないというのは、すごいプレッシャーではありましたが、
私はそういう状況に置かれることが嫌いではないのです、想像力を全開にして、やりつくす気持ちで作品に臨みました。一人でも多くの人に観ていただきたいです」と作品をアピールしていた。

 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル 』は4月7日より全国公開。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489657348/ 【【映画】たけし、『ゴースト・イン・ザ・シェル 』は「実写化初の成功作品になる」】の続きを読む

1: ゴアマガラ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/10(金) 00:01:24.79 ID:CAP_USER9
[映画.com ニュース]米Colliderが2001年以降に公開された映画の中から「21世紀の最高のファイトシーン27」をランキング。
第1位に、クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」で描かれた、主人公ザ・ブライド対ゴーゴー夕張&クレイジー88の大立ち回りが選ばれた。

対象は映画のみで、1作品につき1シーンに限定。飛び道具なし、至近距離での肉弾戦がセレクトされた。トップに輝いたユマ・サーマン主演「キル・ビル」では、
ゴーゴー夕張を栗山千明、殺人集団クレイジー88の面々を田中要次、北村一輝、高橋一生、真瀬樹里らが演じていた。
第2位は韓国の鬼才パク・チャヌク監督の「オールドボーイ(2008)」、第3位はインドネシア発のバイオレンスアクション「ザ・レイド」、
第4位には中華圏で絶大な人気を誇るドニー・イェン主演「イップ・マン 序章」が続き、トップ10のうち6作品がアジア作品が占めた。

米Collider選出「21世紀の最高のファイトシーン27」は以下の通り

1.「キル・ビル」ザ・ブライド対ゴーゴー夕張&クレイジー88

2.「オールドボーイ(2008)」廊下での乱闘

3.「  ザ・レイド」ラマ&アンディ対マッド・ドッグ
 

4.「イップ・マン 序章」ドニー・イェン対10人の黒帯
5.「イースタン・プロミス」裸のビゴ・モーテンセン対チェチェンのギャング
6.「グリーン・デスティニー」ミシェル・ヨー対チャン・ツィイー
7.「ザ・レイド GOKUDO」イコ・ウワイス対セセプ・アリフ・ラーマン
8.「トム・ヤム・クン!」レストランでの取っ組み合い
9.「ボーン・アルティメイタム」ボーン対デッシュ
10.「ウォーリアー」王座をかけた対決
11.「グラディエーター」マキシマス対ティグリス対トラ
12.「HERO(2002)」ジェット・リー対ドニー・イェン
13.「スパイダーマン2」スパイディ対ドック・オク
14.「クリード チャンプを継ぐ男」アドニス対ザ・ライオン
15.「インセプション」重力無視のバトル
16.「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」オペラ座
17.「ウォッチメン」オープニングシーン
18.「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」マックス対フュリオサ
19.「ジョン・ウィック」家宅侵入
20.「ニンジャ・アベンジャーズ」棒術のファイト
21.「スター・ウォーズ フォースの覚醒」レイ&フィン対カイロ・レン
22.「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」エレベーター内での戦い
23.「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」ロキシー対ラモーナ
24.「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」ソードファイト
25.「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ザンダーでのバトル
26.「俺たちニュースキャスター」ニュースチームのストリートファイト
27.「キング・コング」T-Rexとの戦い

http://eiga.com/news/20170308/21/

http://img.eiga.k-img.com/images/buzz/64051/7c1757d52edd5d80/640.jpg
 

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489071684/ 【【映画】米サイト選出「21世紀の最高のファイトシーン27」第1位は?】の続きを読む

1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/07(火) 05:22:27.35 ID:CAP_USER9
2017年03月07日

 荒木飛呂彦さんの人気マンガを実写化する映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(三池崇史監督)の特報映像が7日、公開された。映像では、アクセサリーが付いた個性的な学生服にリーゼントといういでたちの山崎賢人さん演じる主人公・東方仗助が鋭い眼光を向ける姿や、仗助の目前で人が吹っ飛ぶシーンなどがお披露目された。また、タイトルの“ダイヤモンド”をイメージした背景をバックに仗助が力強い眼光を向けている、「その『力』(スタンド)を、使う時が来た。」というキャッチコピーが付いたティザーポスターも公開された。

 特報映像の冒頭では、海岸線やオレンジ色の屋根の家が並ぶ街並みなど、スペイン・シッチェスで撮影された物語の舞台である杜王町の上空からの風景が映し出されており、塗装の剥げた「立入禁止」の看板や「一家惨殺犯人の手掛かりゼロ」という見出しのスクラップ記事、謎の矢なども映像には登場。口から血を流す仗助の姿や弓矢を持って暗い部屋に立つ何者かの姿なども映し出され、ラストには「この町、何かがおかしい」という言葉が表示されるサスペンス調の映像となっている。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった人気マンガ。英国貴族の血を受け継ぐジョースター家と個性的な悪人たちとの数世代にわたる戦いを描いた壮大なストーリーが特徴で、独特の擬音を用いた表現や立ちポーズも人気を博している。現在は「ウルトラジャンプ」(同)でシリーズ第8部「ジョジョリオン」が連載されている。

 映画は、シリーズ第4部「ダイヤモンドは砕けない」を基に、東宝とワーナー ブラザース ジャパンの共同製作・配給作品として実写化する。山崎さんのほかに、仗助の親友の広瀬康一を神木隆之介さん、仗助を導く空条承太郎を伊勢谷友介さん、康一に好意を寄せる山岸由花子を小松菜奈さん、仗助と対立する虹村形兆を岡田将生さん、形兆の弟・億泰を真剣佑さん、仗助の母親・朋子を観月ありささん、仗助の祖父・良平を國村隼さん、殺人犯・片桐安十郎を山田孝之さんが演じる。8月4日公開。


・公開された「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のティザーポスター(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
no title

http://mantan-web.jp/2017/03/07/20170306dog00m200054000c.html


∥動画∥
実写映画「ジョジョの奇妙な冒険」学生服&リーゼント姿の仗助が鋭い眼光を向け… 本編映像解禁 [ maidigitv ]
https://www.youtube.com/watch?v=4ZRHiGg3QzA


http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488831747/ 【【映画】<これは酷いwww>ジョジョの奇妙な冒険:学生服&リーゼント姿の仗助が鋭い眼光を向け… 】の続きを読む

17075824_587828648069156_8484140493708460032_n
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/03/03(金) 19:26:25.40 ID:CAP_USER9
エマ・ストーンの主演女優賞、デイミアン・チャゼルの史上最年少の監督賞など本年度アカデミー賞最多6部門に輝いた『ラ・ラ・ランド』。2月24日(金)より公開された本作が、昨日3月2日(木)時点で2017年公開作品の中で最速(公開7日間)となる興収10億円を突破、本作を観た著名人たちも感想をSNSなどに多数アップしていることが分かった。

夢追い人が集まるロサンゼルス(通称:ラ・ラ・ランド)を舞台に、女優志望のミアとジャズピアニストを目指すセブの恋と夢を、ほろ苦さも含めて描き出す新感覚のミュージカル・エンターテインメント。

3月2日(木)時点で全国261館、308スクリーンにて、動員:7万7,362人/興収:1億478万1,800円をあげ、初日からの累計成績が動員:81万1,882人/興収:10億8493万7,600円を達成。2017年の邦画・洋画・アニメ作品など全て含めた公開作品の中で、最速(公開7日間累計)の10億円突破となった(※興行通信社調べ)。

また、本作を鑑賞した著名人たちからも絶賛のコメントが続出。水原希子はInstagramで、本作の冒頭から心をつかむ「アナザー・デイ・オブ・サン」を口ずさみ、映画さながら軽やかに街を歩く動画をアップ。また、飯豊まりえもTVドラマ「嫌われる勇気」の撮影の合間に椎名桔平と完コピの“ララポーズ”(ミアとセブのダンスポーズ)を披露。そのほか、ゲームクリエイターの小島秀夫をはじめ、浜野謙太、近藤芳正、高橋メアリージュン、「我が家」の坪倉由幸もララポーズをアップ! 

Twitter上では、水道橋博士、高橋みなみ、蒼山幸子さん(ねごと)、HARUNA(SCANDAL)、CHAMA(BUMP OF CHICKEN)らが感激のコメントを寄せ、「藤崎マーケット」のトキは、あの一世を風靡したギャグ「ラララライ」をもじった「LA LA LA LAI」画像をアップし、瞬く間に3万5,000リツートを達成するなど、全国に吹き荒れる“ラララ旋風”を象徴した。

これから春休みも控えており、30億円突破も“夢”ではないといえそうだ。

『ラ・ラ・ランド』は全国にて公開中。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000024-cine-movi

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488536785/ 【【映画】<ミュージカル映画>『ラ・ラ・ランド』、公開7日間で10億突破!】の続きを読む

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/03(金) 18:44:56.02 ID:CAP_USER9
http://natalie.mu/eiga/news/223058
2017年3月3日 12:00

「ゴースト・イン・ザ・シェル」の日本限定ポスタービジュアルが公開された。

本作は、士郎正宗のマンガ「攻殻機動隊」をもとにしたSFアクション。
今回解禁となったポスターには、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐やビートたけし扮する荒巻大輔の姿が切り取られており、「私を作った奴らに私を止めることはできない」というコピーも添えられている。

また、このたび監督を務めるルパート・サンダースからコメントが到着した。
サンダースは「私は原作の大ファンであり、自分勝手かもしれないけれど、自分が大好きでインスピレーションを受けたものを実写にして世界中の観客に届けたかった。
映画体験として新鮮で目にしたことのないような未来像だよ」と語っている。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は4月7日より全国ロードショー。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 ビッグゲームスポット
https://youtu.be/Oj0QfVVuNb4



no title

no title

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488534296/ 【【映画】<JMの悪寒・・・>「ゴースト・イン・ザ・シェル」日本限定ポスター解禁!】の続きを読む

001
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/27(月) 16:58:14.26 ID:CAP_USER9
【第26回東京スポーツ映画大賞授賞式(26日)】作品賞に輝いたのはアニメ映画「この世界の片隅に」。こうの史代の同名コミックの映画化で、第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、前向きに生きようとするヒロインと、その周囲を取り巻く人々を丁寧に描き、感動を呼んだ。

 能年玲奈から改名したのん(23)が主演の声優を務めたことでも話題に。当初はミニシアターの上映から始まったが、評判を呼んで全国の映画館から上映依頼が殺到。最初は60スクリーンで上映し、ここまで300スクリーン、約130万人が作品を見るなど、ロングラン大ヒットとなった。

 この作品を含め、最近はアニメで大ヒット映画が続出していることについて、ビートたけし審査委員長(70)は「勝てねぇな、アニメには。圧倒的な差をつけられている。自分も含め、役者さん、監督も奮起していかなきゃいけない。自分の心が動画に投影できるような作品は素晴らしい」と、独創的な映像表現がアニメでは成功していることを挙げて絶賛した。

 現在、メキシコで行われているプレミア上映会に片渕須直(かたぶち・すなお)監督とのんが出席しているため、代理で受賞した東京テアトル株式会社代表取締役社長の太田和宏氏は「この作品は、共感力がすごかった。多い方で9回も見た方がいた」とヒットの理由を分析。今後は「戦争の中の日常というのは普遍的なテーマ」として、さらに海外での上映が増える可能性もあるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000049-tospoweb-ent

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488182294/ 【【ニュース】たけし「この世界の片隅に」を絶賛!「勝てねぇな、アニメには」】の続きを読む

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 18:13:04.30 ID:CAP_USER9
http://natalie.mu/eiga/news/221437
2017年2月20日 18:00

リドリー・スコットが監督を務める「エイリアン:コヴェナント」の予告編がYouTubeにて公開された。
「プロメテウス」の続編である本作で描かれるのは、「エイリアン」シリーズにつながる物語。
宇宙船コヴェナント号がたどり着いた“宇宙の楽園”の住人であるアンドロイドのデヴィッドをマイケル・ファスベンダー、コヴェナント号の乗組員ダニエルズをキャサリン・ウォーターストンが演じる。

予告編は、男の背中から“何か”が飛び出ようとする場面から始まる。
続いて、未知の惑星を探索するコヴェナント号乗組員や、船長に「何がいるかわかりませんよ」と不安を吐露するダニエルズの姿が。
そして、「エイリアン」シリーズのファンにはおなじみのシーンや、シャワーを浴びる男女を襲う惨劇が映し出される。

「エイリアン:コヴェナント」は9月より全国で公開。

映画『エイリアン:コヴェナント』予告A
https://youtu.be/Oo1I8PtI0lM



no title

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487581984/ 【【映画】<元祖>リドリー・スコット「エイリアン」最新作予告、“宇宙の楽園”が人類に牙をむく】の続きを読む

e88d3ea847f9d5faf2fb4dba127b1411
1: どれみ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/10(金) 19:07:53.11 ID:CAP_USER9
大ヒットアクション映画『ダイ・ハード』シリーズ第6弾作となる『ダイ・ハード:イヤー・ワン(原題)』が
現在絶賛製作中であることが明らかになりました。

この第6弾はただの続編というわけではなく、ジョン・マクレーンの若き日々を描くスピンオフ作品とのこと。
2013年公開のシリーズ第5作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の直接的な続編というわけではなく、
1989年公開の第1作『ダイ・ハード』以前のジョン・マクレーンを描くというものです。

本シリーズの筋金入りのファンなら『ダイ・ハード:イヤー・ワン』というタイトルに見覚えがあるはずです。
本シリーズを原案に2009年~2010年まで発行されたコミックのタイトルが『ダイ・ハード:イヤー・ワン(原題)』
だったのです。このコミックも映画同様、前日譚を描いたもので、ファンの評価は賛否両論でした。

これはまだ噂の段階ですが、シリーズのスピンオフとなる本作でブルース・ウィリスがジョン・マクレーン役で
出演すると言われています。また、本作の舞台が日本になるのではないかとも言われています。

http://ciatr.jp/topics/281415

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486721273/ 【【6て1,2しか記憶にない】『ダイ・ハード』6作目を製作、舞台は日本か? 】の続きを読む

200577239
1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2017/02/08(水) 09:55:10.17 ID:CAP_USER9
女優の有森也実(49)が文字通り体を張っている。5月公開の主演映画「いぬむこいり」(片嶋一貴監督)で、4時間の長尺の中で「犬男」との過激なラブシーン、放尿シーン、全裸…とすべてをさらけ出す熱演だ。延べ32日間の撮影後は「もう女優を辞めようと思った」ほど“完全燃焼”したという。

 「いぬむこいり」は、犬と人間の女性が夫婦生活をおくる伝承民話「犬婿入り」をもとにしている。失恋の痛手を癒やすために旅に出た女性教師が世間の不条理にもまれながら、やがては「犬婿」の神話世界に迷い込むファンタジックな作品だ。

 後半では、頭は犬、体は人間の「犬男」(山根和馬)と体を重ね、無人島での野性的な生活が描かれる。ヌードでの異色のラブシーン、放尿シーンなど、体当たりの演技を見せる。

 有森は「片嶋監督とは8年前から何本かお仕事をさせていただいてます。企画の段階でいろんなお話をしているうちにどんどん話が膨らんで、ここまできてしまった。監督の情熱があふれて、台本の厚さも通常の倍だし。犬男とのシーンは主人公の解放感を表現するポイントですから、正面から取り組みました。設定が40代後半だったので、年齢的にもぎりぎりのところでした。もうちょっとメリハリのある体だったら良かったんでしょうけど」と、初体験となった大胆なラブシーンを淡々と振り返る。

 少年少女のいびつな行動を描いた「アジアの純真」で11年のロッテルダム映画祭で話題を呼んだ片嶋一貴監督(59)は「エロス表現を極めたいと思いました。激しいシーンが最後の1週間に集中し、カットによっては30回以上撮り直しを重ねたから、有森さんもぼろぼろだったと思います」という。有森も「確かに、終わったときはもう女優辞めようと思いました。もういいって。今少しずつ立ち直ってきたところです」と撮了直後の思いを明かした。

 犬男とのラブシーンはバリエーションに富み、エロスがにじみ出ている。スリムでセクシーなボディーラインは、5歳から始め、現在も続けているクラシックバレエのたまものかもしれない。4時間の長尺は見応えがある。石橋蓮司、柄本明ら実力派が脇を固め、ロックミュージシャンのPANTA、緑魔子といった個性派が厚みをつけている。【相原斎】

 ◆有森也実(ありもり・なりみ)1967年(昭42)12月10日、神奈川県生まれ。中学3年のときにファッション誌の専属モデルになり芸能界入り。86年、映画「星空のむこうの国」でデビュー。同年、映画「キネマの天地」のヒロインに。91年連続ドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)でも注目された。私生活では19歳になるネコを飼っている。

 ◆いぬむこいり 伝承民話「犬婿入り」をモチーフに、小学校教諭のヒロインの時空を超えた冒険の旅を描く。4章構成4時間の大作。バンド「勝手にしやがれ」のリーダー、武藤昭平が旅をともにするペテン師に。江口のりこ、尚玄、ベンガル、山根和馬、韓英恵らが彩りを添えている。

ソース
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1775964.html
有森也実が過激演技を披露した主演映画「いぬむこいり」の一場面
no title

“犬男”とのラブシーンも…
no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486515310/ 【【エログロラブストーリー】女優の有森也実(49)、「犬男」との過激なラブシーン、放尿シーン、全裸…】の続きを読む

このページのトップヘ