ゲスの極み乙女


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/05/07(日) 06:11:19.07 ID:CAP_USER9

ゲス川谷『ワイドナショー』で復帰!ベッキーを「すごく好きだった」


10カ月ぶりに地上波テレビに出演したゲスの極み乙女。の川谷絵音は、松本人志やヒロミの質問に笑顔でこたえた(フジテレビより)




 未成年との飲酒デート報道で昨年12月に活動を休止し、今月10日に再開するロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(28)が、7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演することが6日、分かった。5日に行われた収録で川谷は、飲酒騒動で所属事務所から契約を解除された恋人のタレント、ほのかりん(20)や昨年1月に不倫騒動を起こしたタレント、ベッキー(33)にも言及しており、発言に注目が集まりそうだ。


 川谷が当時未成年だった恋人、ほのかりんと一緒に飲酒した責任をとって昨年12月3日をもって活動を自粛して以来、初めてテレビに出演する。


 騒動で発売が延期になっていたアルバム「達磨林檎」を今月10日に改めて発売し、活動を再開するにあたり、迷惑をかけたメンバーらのためにも、自分の言葉で一連の騒動について話したいという川谷の思いから、緊急出演が決定。


 地上波番組は、川谷がボーカルを務めるもう1つのバンド、indigo la Endとして昨年7月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演して以来、約10カ月ぶりだ。


 関係者によると、ゲストコメンテーターとして参加した川谷は、5日に東京・台場のフジテレビで行われた収録に緊張した面持ちで登場。オープニングトークで、ほのかりんや、昨年1月に当時既婚者だった川谷との不倫が発覚し、長期休業に追い込まれたベッキーについて触れた。


 ベッキーについては、「自分はすごく好きだった」と思いを明かし、交際していた当時のことから、騒動を受けて別れに至るまでを赤裸々に告白。ほのかりんについては「現在も付き合っています」と明言した。


 一連の騒動の中で抱いていた思いや、騒動後初のテレビ出演となる現在の心境なども率直に吐露し、ダウンタウンの松本人志(53)や東野幸治(49)らの質問にも正直に自分の言葉で答えたという。


 コメンテーターとしては、お笑いコンビ、ココリコの田中直樹(46)とタレント、小日向しえ(37)の離婚などについて、自身の経験をふまえながらコメントした。


 アルバム発売の10日には、東京・青海のZepp Tokyoで復活ライブも行う川谷。すべてをさらけ出して、再びファンの前に立つ。


★ベッキーも同じ番組で地上波復帰


 昨年1月に川谷との不倫が表面化して以降、全レギュラー番組を休演していたベッキーも、同10月にフジ系「ワイドナショー」で地上波復帰している。現在は騒動から吹っ切れ、イベントやCMなどで徐々に活躍の場を広げている。


 一方、ほのかりんは、川谷との飲酒デートを未成年時に報じられ、所属事務所が昨年12月に契約を解除。今年1月には同局系「バイキング」で川谷と同棲していることが報じられていた。







【【芸能】ゲス川谷『ワイドナショー』で復帰!「ベッキーをすごく好きだった」】の続きを読む

このページのトップヘ