1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/05/02(火) 15:48:23.83 ID:CAP_USER9
 001_size4
デビュー43年目の甲斐バンドのボーカル・甲斐よしひろ(64)が2日、NHK総合「ごごナマ」(月~金曜・後1時5分)に出演し、仲がいいというMCの船越英一郎(56)とのプライベートや俳優デビューの秘話を語った。

  甲斐は、1974年甲斐バンドを結成。「裏切りの街角」、「HERO」など数多くのヒット曲を生み出してきた。また、船越が主演のテレビ東京系ドラマ「刑事吉永誠一 涙の事件簿」で主題歌「Blood in the Street」を担当し、俳優デビューした。

  甲斐は当時の映像から、ミュージシャンの役だったこともあり「歌い手の役で自分に近いのが、余計に緊張しました」と振り返り照れた。

  さらに船越が「それまでも、(俳優に)スカウトされまくっていた」と明かすと、甲斐は「2つのことをやるのどうかなっていうのがあって、実は、『太陽にほえろ!』(の出演)にも声をかけられていた。当時のプロデューサーが、ツアーのどこに行ってもいて、半年間追っかけられた。その時は出演を切り抜けた」と往年の名作刑事ドラマへの出演話があったことを告白した。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170502-OHT1T50132.html


【【芸能】甲斐よしひろ、名作刑事ドラマ『太陽にほえろ!』への出演依頼あったことを告白】の続きを読む