1: @Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★) 2017/05/03(水) 00:11:23.04 ID:CAP_USER9
 元読売テレビのフリーアナウンサー、川田裕美(33)がひっぱりだこの人気となっている。 女性フリーアナ激戦の今、ローカル番組を含めてテレビ7本のレギュラーを抱える売れっ子ぶりなのだ。この人気の秘密はなんだ。

 川田アナは、4月からNHK総合「バナナ ゼロミュージック」のMC、そしてTBS系「この差って何ですか?」のMCと相次いでレギュラーが決定している。 これでレギュラー番組は、関西ローカルを含め、テレビ7本、ラジオ2本という多忙ぶりだ。

 川田アナといえば読売テレビの局アナ時代の2011年から約4年間、 「情報ライブ ミヤネ屋」で宮根誠司アナのアシスタントを務め、全国区の知名度を得ていた。そして15年2月にフリーに転身した。

 「大学生時代には『ミスえびすばし』に選ばれていますが、そうは言っても関西ローカルのミスコン。 フリーになった時点で、年齢も30を超えており、ローカルタレントという位置づけで、レギュラーも読売テレビの深夜番組とFMラジオの1本ずつと、転向当初はなかなか厳しい状況。 バラエティーへの単発のゲスト出演が多く苦戦していました」と在阪民放関係者。

 転機は昨年秋、TBS系「好きか嫌いか言う時間」のMCが決まったと思うと、
日本テレビ系「1周回って知らない話」でもアシスタントに起用されたのだ。一気にレギュラー番組が増えてきた感じだ。

 「それまで出ていた単発のゲスト出演で、かなり爪痕を残してきたことが実を結んでいる。 フリーアナながらも関西ノリで、スキップができないなど体を張った自虐的な笑いにも対応できる懐の深さが注目されたのです」と演芸関係者。

 そして「芸人と並んでひな壇に座りながら、芸人よりも笑いを取ることさえあった。 人柄の良さもあり、それでもって、アナウンス技術もあるのだから、制作側にとっては使い道の多いフリーアナということです」と続ける。

 スイーツ好きとしても知られ、先日はバラエティー特番内で、やはりスイーツ好きのプロレスラー、 真壁刀義(44)から告白されたことがネットニュースで話題となるなど注目度も高い。

まさに女「ミヤネ」の活躍ぶり、一歩抜け出たか。

夕刊フジ 5/1(月) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000005-ykf-ent

写真
no title


【【テレビ】<あんこ缶>スイーツ芸人、川田裕美アナ、この人気の秘密はなんだ?】の続きを読む