1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/09(日) 14:46:50.62 ID:CAP_USER9

main_report_img
番組では「ピカソ×北野武」と題し、画家・ピカソを愛好する北野が“ピカソの1枚”として「泣く女」(1937年)を選び、その魅力を語っていった。

北野は、ピカソが「泣く女」で表現した複雑な感情について、自身の映画を引き合いに出しながら考察していく。
感情を表現することは「難しい」と指摘した上で、北野映画に極端な暴力シーンがよく登場する理由について
「振り子が±0の所にあり+(プラス)に“暴力”、-(マイナス)に“愛”があるとしたら、+10の暴力は10の愛になるポテンシャルエネルギーがある」と、自身の理論を説明したのだ。

続けて北野は「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
「中途半端な暴力は中途半端な愛情表現しかない」とし、自身における愛憎の表現方法について語った。


その上で、ピカソの「泣く女」について、北野は「怒っているのと泣いているのと、相乗効果で二つの感情が同時に爆発している感じがある」と指摘する。
さらに、絵の中に緑色などを使っている点に注目し、「これが肌色だとつまらない」と、ピカソの表現方法を分析していた。

2017年4月9日 13時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12911698/

【【テレビ】<北野武>「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」】の続きを読む