1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/08(土) 21:21:07.75 ID:CAP_USER9
2017年4月8日20時38分 スポーツ報知

 歌手・大友康平(61)率いるロックバンド「HOUND DOG」が8日、東京・豊洲PITでデビュー36周年を締めくくるライブを行った。

 冒頭、大友はスタンドマイクを振り回し「最高だぜ! 目と耳と心で最後まで楽しんでくれ!」と絶叫。80年のデビュー曲「嵐の金曜日」、ヒット曲「ff(フォルティシモ)」など22曲を持ち前のハスキーボイスで熱唱し、1500人を熱狂させた。

 MCでは「ここに集まってくれた1万3000人(笑い)、イコール7人目のメンバーです」とボケも絶好調。年齢を感じさせない約3時間のパワフルなステージを見せつけ、「いくつになっても熱くなれるのはみんなのおかげ。今日も最高に興奮しちゃいました!」とファンに感謝した。

 開演前には「社会派のロックンローラーだから」と、築地市場からの移転問題を抱える豊洲市場を一目見ようとジョギングで周辺を散策。場所が分からず迷ってしまったといい、「警察官のオッサンに聞いたら『地方からの派遣だから知らない』って。コイツ~って思いながら帰ってきたら、会場のすぐ近くにあった」と爆笑を誘った。


・自慢のハスキーボイスで叫びまくった大友康平
no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170408-OHT1T50196.html

【【音楽】「一人HOUND DOG」36周年ライブ…大友22曲熱唱】の続きを読む