1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/07(金) 05:13:46.04 ID:CAP_USER9
サンケイスポーツ 4/7(金) 5:00

 元モーニング娘。の久住小春(24)が、大手芸能事務所、オスカープロモーションとマネジメント契約を結んだことが6日、分かった。昨年11月末に前事務所を退社した久住は、今年元日に移籍し、21日スタートのテレビ朝日系「女囚セブン」(金曜後11・15)への出演が決まり、女優として再出発。新天地での初仕事に「大好きなドラマのお仕事に関われることがうれしい」と感激した。

 新事務所で心機一転のこはるんが女優として華々しくリスタートする!!

 さわやかなワンピース姿で東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた新進女優は「良いご縁があってオスカーに所属することになりました」と笑顔で報告した。

 2005年5月に第7期生としてモー娘。に加入し、10年の舞台「安倍内閣」で女優デビュー。14年のTBS系「アゲイン!!」や同年の舞台「発足!ギャル内閣」で演技に開眼し、「女優として活躍したい」という気持ちが芽生え、移籍を決断した。

 新天地となるオスカープロモーションは、米倉涼子(41)や上戸彩(31)らスター女優が多数在籍。近年はドラマ制作や映画製作事業にも進出し、久住が念願だった女優業に邁進するには絶好の場所といえる。

 移籍後初仕事のドラマ「女囚セブン」は、女子刑務所を舞台にした群像コメディーで、所属事務所の先輩女優、剛力彩芽(24)扮する主人公の囚人・琴音の後輩になる舞妓・小春役で出演。

 仲間を殺した罪をきせられ、刑務所に送り込まれた琴音の無実の罪を晴らそうと奮闘する役で、「役名が本名と同じで運命を感じました。舞妓役なので所作も勉強して、女優のスキルを上げたい」と燃えている。

 ドラマの世界観をイメージするため、共演女優、梶芽衣子(70)が囚人を演じた映画「女囚さそり」を見て撮影に臨んでおり、「視聴者の皆さんの印象に残る演技ができるように頑張りたいし、いろいろな役に挑戦したい」と気合十分。

 新生こはるんは、女優として満開の春を謳歌(おうか)する。


・春らしい水色のワンピース姿で女優として“咲き誇る”ことを誓う久住小春=東京・大手町(撮影・高橋朋彦)(写真:サンケイスポーツ)
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000503-sanspo-ent

【【ドラマ】元モー娘。久住小春、女優で再出発!オスカー移籍初仕事で“小春”役】の続きを読む