1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/01(土) 09:55:22.39 ID:CAP_USER9
HVwe8WJWAv[1]
3月31日放送の「訂正させてください~人生を狂わせたスキャンダル~」(フジテレビ系)で、俳優でタレントの哀川翔が、かつて自身が大乱闘を起こしたという噂について語った。

番組では「哀川翔全スキャンダル 乱闘事件・死亡説・TV出禁報道に訂正は?」と題し、哀川にまつわる噂を次々と取り上げた。

その中で、哀川がデビューする前、一世風靡セピアの結成当時に、東京・原宿の竹下通りで「300人対100人の大乱闘事件」があったことを紹介し、その様子をVTRで再現した。

当時、一世風靡セピアは大規模な暴走族グループと対立関係にあったのだとか。ある時、哀川は決着をつけようと、竹下通りで400人もが入り乱れる大乱闘を起こしたのだという。


この事件について、スタジオではバカリズムがフリップを使って説明する。それによると、竹下通りの中央に敵対する100人の暴走族グループがいたそう。
原宿駅側に哀川と仲間たち約150人、明治通り側に中野英雄と仲間たち約150人の合計300人で挟み撃ちを仕掛け、相手をボコボコにしたのだとか。

スタジオでは大きな笑いが起き、加藤浩次も「戦国時代の合戦みたい」とツッコミを入れた。

すると哀川が「19歳くらいだったから、一世風靡セピアを結成する前の話」だったと訂正する。
哀川によると、一世風靡セピアの前は「ロックンローラー族」だったそうで、そこのチームに中野がいたのだという。
「いろいろ系列をあわせると300人くらいいた」という哀川の説明に、
ヒロミが「グループ会社みたいなものよ」と一言。これに加藤は「哀川ホールディングス」と命名して笑いを誘った。

あるとき、その300人はいたであろうロックンローラー族の仲間のひとりが、血だらけで「助けてくれ」と言って哀川の元に走ってきたのだとか。
「(仲間が)ヤラれてるなら助けに行こう」ということで、敵対していた暴走族との大乱闘に発展したという。


竹下通りには買い物客も多く、道路自体も狭いたため、なかなか前に進めなかったそう。
哀川は「(相手のところに)たどり着いて、中でガチャガチャしてる間に、すぐおまわりさん来ちゃった」
「むちゃくちゃ笛が鳴ったのよ」「その笛聞いた瞬間に逃げたよ」と、当時を振り返る。

さらに、勝負の決着について聞かれた哀川は「軽くついてる」「逃げながら見たら、暴走族みんな倒れてた」とぶっちゃけた。
結局、この大乱闘について「訂正しないね」と真顔で答える哀川に、ヒロミが「(普通なら)訂正しなきゃいけないやつだから!」とツッコミを入れていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12876016/
2017年4月1日 9時50分 トピックニュース

https://www.youtube.com/watch?v=A2b0XcWRX-I


Zebraman

【【芸能】<聞きたいか?俺のぶゆーでん>哀川翔 過去に竹下通りで起こした暴走族100人との乱闘事件を認める】の続きを読む