フジテレビ系


1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/19(金) 00:46:44.96 ID:CAP_USER9
logo_ogp
 「踊る大捜査線」などをヒットさせたことで知られるフジテレビの亀山千広社長が業績不振の責任を取って退任することになりました。フジテレビは現在、一人負けの状態となっていますが、かつて圧倒的な人気を誇った同社に何が起こっているのでしょうか。

 フジ・メディア・ホールディングスは11日、グループ・トップの日枝久会長と中核子会社であるフジテレビジョンの亀山千広社長が共に退任する人事を発表しました。日枝氏は30年にわたってグループを牽引してきた人物であり、亀山氏は「踊る大捜査線」や「ロングバケーション」といったヒット番組のプロデューサーとして知られています。両氏が共に退任となるのは、同社の業績が大きく落ち込んでいることが原因です。

 同社の2017年3月期の業績は売上高こそ前年をわずかに上回りましたが、営業利益は223億円と前年を8.5%も下回る結果となりました。業績が低迷しているのは、稼ぎ頭である中核子会社フジテレビジョンの業績が伸び悩んでいるからです。フジテレビの売上高は前年比3.2%のマイナス、営業利益は27%のマイナスでした。その理由は当たり前ですが、フジの視聴率が下がっているからです。

 同社の2016年度における全日視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)は5.7%と、在京主要キー局(テレビ東京を除く)の中では最低となっています。トップを走る日本テレビは8.4%ですから、かなりの差を付けられているといってよいでしょう。

 フジを除く各局の視聴率は何とか横ばいを保っているのですが、フジだけは亀山氏が社長に就任した2013年以降、ほぼ毎年視聴率を落としています。亀山体制の下で人気番組を作ることができず、これが視聴率の低下につながっていることはほぼ明らかです。

 亀山氏は、看板番組の一つであったタモリの「笑っていいとも!」を打ち切るなど思い切った構造改革を試みましたが、数字にはつながりませんでした。亀山氏がプロデュースした「踊る大捜査線」には「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」という名セリフがありましたが、社長となった亀山氏は、かつてのようには現場の状況をうまく把握できなかったのかもしれません。

 今後、同社が視聴率を回復できるのかは新社長の手腕にかかっていますが、一度、落ちた視聴率を戻すのは並大抵のことではありません。同社の苦境はしばらく続きそうです。

THE PAGE 5/18(木) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000013-wordleaf-bus_all

2017/05/18(木) 11:36:48.76
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495084640/

【【テレビ】<寒流の爪痕>フジテレビ、現在、一人負けの状態www】の続きを読む


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/13(木) 07:02:55.75 ID:CAP_USER9
fblogo
松本人志がレギュラー出演し、コメンテーターを務めている日曜日の情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が“打ち切り”になると評判だ。打ち切れという意見も多数出ている。

同番組は東野幸治が司会を務めているが、意見をまとめているのはコメンテーターの松本だ。
なかでも、松本の感情的な発言は非常に評判が悪い。


「高飛車で何の説得力もない物言いは、和田アキ子か松本かと言われるぐらいになっています。
番組内で『コンビニで割り箸をつけるかいちいち聞くな』、『野球の試合時間が長過ぎるからルールを変えろ』と、ただ好き勝手なことを言うだけ。
ご意見番の役割で世の中の常識に意見しているのでしょうが、的外れで勘違いが多いと言わざるを得ません」(テレビ雑誌編集者)

視聴率も低迷している。3月19日放送分の視聴率は、同時間帯の『サンデージャポン』(TBS系)が平均視聴率10.0%。『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)が8.6%。そしてワイドナショーは6.8%だった。

「基本的にこの番組では酷評しかしません。視聴者も『ああ、また言ってるよ』という感じで飽きてきているのでしょう。インターネット上では、蔑みの対象ですらあります」(同・編集者)

低視聴率でもワイドナショーが続いている理由


特に松本の毒舌には批判が多く集まっている。この4月の番組改編期は乗り越えたようだが、秋の番組改編期は危ういという評判だ。

「サンデージャポンはこの時間帯の視聴率トップで、爆笑問題が所属する芸能プロダクションが中心になって構成している番組です。
対してワイドナショーは、吉本興業がこれを担っています。芸能プロの規模は吉本の方が何十倍も大きい。
そのため、吉本の看板芸人を出演させて、視聴率で負けたから撤退ということはできない。
これが、ワイドナショーが存続している大きな理由です」(フジテレビ関係者)

しかも、フジテレビ(フジ・メディア・ホールディングス)は吉本興業株式会社の筆頭株主でもある。

「松本は『サンジャポに勝つ!』と豪語して番組を始めました。しかし、その牙城は切り崩せていません。
フジテレビとしてはさっさとやめたいのですが、松本が出演しているのでそう簡単にやめることもできないのです。
東野を司会にしたのは、本当は低視聴率のときに東野のせいにする予定だったためです。
ところが、東野以上に松本に発言権があるため、切るに切れなくなっています」(同・関係者)

フジテレビと吉本興業が諦めない限り、番組は継続しそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1299904/
2017.04.12 19:30 まいじつ

前スレ                   2017/04/12(水) 22:59
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492005543/

【【芸能】<ワイドナショー>「視聴率は消費税以下」秋に打ち切りか】の続きを読む


1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/31(金) 18:11:51.18 ID:CAP_USER9
275px-セシウムさん
 31日放送のフジテレビ系「直撃ライブ グッディ!」で、千葉県我孫子市の女児殺害事件に関するVTRで
コミカルな効果音が流れてしまうというハプニングがあり、安藤優子キャスターが謝罪した。

 千葉県我孫子市の排水路脇に殺害された小3女児の遺体が遺棄された事件に関するVTRを放送中、
「ボヨヨ~ン」「ピコーン」といったコミカルな効果音が繰り返し流れてしまうというハプニングがあった。


 VTR明け、安藤キャスターは「今ご覧いただきましたVTRの中で一部関係のない効果音が入ってしまいました。
編集上のミスでした。大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。

ニッカン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-01800503-nksports-ent

【【フジテレビ】「ボヨヨ~ン」「ピコーン」 殺人事件のVTRでコミカルな効果音 「直撃ライブ グッディ!」】の続きを読む

このページのトップヘ