浅田舞


1: プーアル ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/13(火) 19:41:57.05 ID:CAP_USER9
 プロフィギュアスケーター・浅田舞の艶進化が止まらない!6月8日、「週プレ酒場」オープニングイベントに出席、色香漂う衣装でマスコミまで魅了した。

 この日の浅田はフォトセッションで「ママ」の姿を披露。黒のピンヒールに黒のワンピースというグッと大人っぽいいでたち。 ノースリーブで二の腕を出し、丈はひざ上15センチで美脚も露わだ。

 「肌見せが多く、とても艶っぽい姿でした。浅田といえば推定Fカップ、いやGカップともいえる豊かなバストの持ち主ですから、 胸の渓谷を見せてくれると期待していたのですが、この日はなし。ですが、見事な腰のくびれとパンパンに張ったバストを見せてくれたので、満足できました」(取材カメラマン)

 イベントには浅田のほかにも馬場ふみか、倉持由香、菜乃花、青山ひかるらグラドルも出席したが、彼女たちを押しのけていちばん輝いていたという。

「写真撮影時は色香あふれるママの姿でしたが、記者会見時はやわらかなラインのワンピース。こちらも胸がドーンとしていて、グッとくるものでしたよ」(前出・取材カメラマン)

 8月24日から始まる舞台「煉獄に笑う」に胸の下部が露わな衣装で出演すると発表したばかり。これからどんどん艶進化した舞を見ることができそうだ。


no title

http://www.asagei.com/excerpt/82753

【【スポーツニュース】元フィギアスケーターの浅田舞さん、グラドル4人をまとめて公開処刑www】の続きを読む


1: investment ★@無断転載は禁止 2017/03/27(月) 09:45:54.05 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/general/2017/03/26/0010038527.shtml
2017.3.26

0e97f1b2644fb1006574c8a4d1318dfe
 プロフィギュスケーターでタレントの浅田舞(28)が26日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、妹の浅田真央(26)との確執を語った。

 母の期待が自分から真央に変わったとき、「妹には会わないで」と告げられたという。
 番組は姉妹のスケート人生を紹介。舞が7歳、真央が5歳の時にスケートを始めた。当初は舞のほうが年長であることから上達は早かったが舞が16歳、真央が14歳の時に逆転。


2004年の全日本ジュニア選手権で真央が優勝した。その後、真央は女子フィギュア期待の星として全国的に注目を浴び、舞は「真央のおねえちゃん」と称されることもあった。

 舞は子どもの頃を振り返り、「親は姉である私に期待をかけていた。真央より年長だったぶん覚えも背が高いから早く見栄えも良かった」と話した。
その分、練習は厳しく「学校と寝る時間以外はスケートリンク。お母さんの圧が私だけにかかっていた感じだった。期待が苦しくてトイレにこもったことも」あったという。


 一方で、母は真央には自由にやらせていたと舞は話した。しかし、真央も複雑な思いを抱え、舞は「後から妹に聞いたらお母さんはおねえちゃんばっかりで、いつも見てもらえなかった。
だからほめてもらいたくって頑張ったみたいです」と真央もまた孤独な思いを抱えていたことを話した。

 やがて姉妹は米国でレッスンを受けるようになった。しかし、舞は「食べる量がどんどん増えた。今より20キロくらいは重かった。
練習も行かず公園でお昼寝して食べてどんどん太っていくみたいな。体重が増えて競技ができませんとなった」とスケートから脱落していくことに。


 母親が愛情を注ぐ対象も変わり、舞は「お母さんは妹にシフトチェンジした」と表現。
母から「妹と会わないでくれ。極力会わないで」と言われたという。帰国後、舞は家族と仲が悪くなり家にはあまり帰らなくなったという。

 その後は時間をかけて真央との距離が縮まっていった。
母が死に際し、「2人だけの姉妹なんだから支え合って生きていきなさい」との言葉を残したこともあり、関係は修復。今では「親友同士みたいな感じです」と舞はほほ笑んだ。


1 2017/03/26(日) 21:23:30.17
前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490531010/

【【芸能】浅田舞、母の愛情は真央に変わり「真央には会わないで」 】の続きを読む

このページのトップヘ