稲村亜美


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/05/07(日) 17:30:44.73 ID:CAP_USER9
◆中日―巨人(7日・ナゴヤドーム)

 “神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美(21)が始球式を務めたが、まさかの“大暴投”で観衆がズッこけた。

 セクシーなタンクトップとホットパンツ姿でマウンドに上がり、力感あふれるワインドアップから力強く腕を振った。 だが、投球はガッツリと指に引っかかり、一塁側ネクストサークル方向へと転々。 スピードガンの表示は、自己最速(103キロ)より45キロも遅い「58キロ」だったが、ナゴヤドーム関係者によれば公式には「測定不能」とのこと。

 恥ずかしそうに顔を覆った稲村は「緊張した~! 最近ヌケてたんで、ヌケるよりは引っかかった方がいいと思ったんですけどね。 “お色気始球式”と思われたくないんで、本気で投げたんですけども。いやあ、ドアラ~!」。
なぜか球団マスコットの名を叫んで地団駄(じだんだ)を踏んだ。

 15年から始まった稲村のプロ野球12球団本拠地“始球式ツアー”も13回目。 ナゴヤドームは102キロをマークした昨年7月24日以来、2回目の登場だ。 同ドームではCM撮影も行っており「投げ慣れたマウンド」と振り返っていた。 しかし、「いつも震えが止まらないんですが、きょうも足が震えて…。 いつもは投球プレートの一塁側を使うんですが、(中日先発の)ジョーダンさんが三塁側を使うので、そっちで投げようと。 あと、ポロリとかも気になっちゃって」とセクシーすぎる“神コスチューム”もメンタルに影響を与えたようだ。

 現時点で未踏のマウンドは東京ドームとマツダスタジアムの2球場。試合前、稲村の登板を聞きつけた 巨人・小林誠司捕手(27)は「僕、まだ球を受けたことないんですよ」と無念の表情を浮かべていた。 報道陣から伝え聞いた稲村は「じゃあ是非、小林さんに(球団や東京ドームに)プッシュしてもらいたいですね」と、11球場目に“色気”を見せていた。

no title

2017年5月7日 15時30分 スポーツ報知

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://www.sankei.com/photo/images/news/170507/sty1705070008-f1.jpg

【【芸能】始球式芸人、稲村亜美さん衣装のポロリが気になって球速58キロしか出せず】の続きを読む


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/08(土) 15:20:07.69 ID:CAP_USER9
“神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美(21)が8日、甲子園で行われた阪神―巨人戦の始球式に登場した。

今回がプロ野球公式戦では8回目の始球式となる稲村は、背番号「8」のタテジマユニホームを着て登場。
いつもの豪快な投球フォームから、自己最速タイの103キロの直球を真ん中に投げ込み、大歓声を浴びた。


「マウンドに上がった瞬間、雰囲気にのまれそうになった。
今までの最高(球速)と同じで悔しい気持ちもあるけど、久々に100キロ台が出たのでうれしい気持ちもある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000020-tospoweb-ent
東スポWeb 4/8(土) 15:04配信

no title

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=MZPy7Kd2XY8


プロ野球 稲村亜美 憧れの甲子園で始球式登板 巨人 vs 阪神 2017年4月8日

【【芸能】稲村亜美が伝統の一戦で始球式 自己最速タイ103キロに「80点くらい」】の続きを読む


1: ストラト ★@無断転載は禁止 2017/03/27(月) 10:55:20.71 ID:CAP_USER9
タレントの稲村亜美(21)が、27日発売の『週刊プレイボーイ』15号(集英社)のグラビアページに登場。
スポーツ美女ではない、“普通の女の子”としての等身大の魅力をビキニ姿で見せつけた。

稲村がテレビCMで豪快すぎる「神スイング」で話題になってから、早2年。
これをきっかけに多数のプロ野球始球式に登場し、『プロ野球ニュース』のキャスターやゴルフ番組のアシスタントなど、スポーツの分野をメインに大活躍してきた。


『週プレ』のグラビアでも、そのアクティブなイメージを生かし、雨の中や炎天下など過酷な状況でバッドを振りますような、アスリート的撮影に挑んできた稲村。
しかし今回のグラビアでは、スポーツから離れた王道グラビアに挑戦し、身長173・バスト86・ウエスト61・ヒップ88センチの超級ダイナマイトボディを大胆に披露した。

“普通”の姿を開放した稲村は「やっとスポーツっぽくないグラビアを撮ってもらってすごく新鮮でした。新しい私の新たな一面をみなさんに見てもらえたらうれしいです!」と仕上がりに自身を見せている。
なお、本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も同時発売された。

同号にはそのほか、グラビアアイドルの松永有紗(18)、早乙女ゆう(18)、乃木坂46の堀未央奈(20)が登場し、
さらにフリーアナウンサーの塩地美澄(34)とグラビアアイドルの今野杏南(27)をピースの綾部祐二が撮り下ろした特別グラビアを掲載。
表紙と巻頭グラビアは女優の逢沢りな(25)が飾っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000323-oric-ent

『週刊プレイボーイ』15号 稲村亜美
no title

no title

no title

【【グラビア】稲村亜美、T173B86W61H88の超級ダイナマイトボディ】の続きを読む


1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/03/23(木) 15:25:06.46 ID:CAP_USER9
「東京ドームボウリングセンター CuBAR LOUNGE(クーバーラウンジ)」記者発表会が23日、
東京都内で行われ、タレントの稲村亜美とお笑いコンビのどぶろっく(森慎太郎、江口直人)が登壇した。

野球の「神スイング」で話題になった稲村だが、この日は初のボウリング場で行う“始球式”に挑戦。
どぶろっくの「プレイボール!」の掛け声とともに勢い良くボールを投げたが、
その瞬間に「あぁっ!」と前方につんのめってしまい、跳ねたボールが倒したピンの本数は3本。
まさかの結果に稲村は「すっごい恥ずかしいです」と赤面した。

イベント後、稲村は不本意な結果に「かなり反省しています。
今まで野球の始球式は何度もさせてもらったんですが、ボウリングの始球式は初めて。
いつもと違った緊張感がありました」と悔しそう。小学校から野球をやってきた稲村だが「基本、野球は上投げでボウリングは下投げ。全然違いますね。
やっぱりボールが重かった。自分で重いのを選んじゃったんですけど…」と反省しきりだった。

そんな稲村を隣で見守っていた森は「並んでるピンを“我々のピン”と思うべきだった。そしたらもっと思い切って倒せたんじゃないか」と下ネタを炸裂。
江口も「我々のピンは倒しても倒しても立ち上がるから」と悪ノリし、これには稲村も「何言っているんですか…」と呆れ果てていた。

この日は、ボウリングセンターのオープンを祝して、どぶろっくが「もしかしてだけど」の歌ネタ“ボウリングバージョン”を披露した。
ここでもギリギリの下ネタでイジられた稲村は「いや~、ひどいですね」とバッサリ切り捨てた。

実はどぶろっくとは同じ「浅井企画」所属の稲村だが、イベントで共演するのはこれが初めてだそうで
「(きょうは)どぶろっくさんの歌を聞けるな…ぐらいの軽い気持ちでいたので、私に(ネタが)来た時は焦りました。
考えが甘かったです」と苦笑。短時間で多くの下ネタを吹っ掛けられたが「これが最初で最後の共演らしいです」と事務所関係者の意向を伝え、会場の笑いを誘った。

25日にオープンする「CuBAR LOUNGE」は、バーカウンターでゆったりお酒を飲みながら、ボウリングが楽しめる大人の遊び場。
同所を気に入った江口が「ここに来れば、微妙な関係の男女も絶対にいい関係になれる!」と太鼓判を押すと、
稲村も「ここに連れてこられちゃったら口説かれちゃうかも」と納得の様子で、
「やっぱり大人の男性、年上の方と来たい。せっかくお酒もあるのでおしゃれなカクテルと共に闘いたいです」と声を弾ませていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170323-00000003-tvfan-ent
エンタメOVO 3/23(木) 14:50配信

no title

http://top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/034/801/641/x34801641_87519.jpg.pagespeed.ic.xxJegy5Mn4.jpg
no title

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490250306/

【【芸能】稲村亜美「あぁっ!」「すっごい恥ずかしいです」】の続きを読む

このページのトップヘ