グラムロック


1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/30(日) 00:54:29.82 ID:CAP_USER9
デビュー30周年を迎えたロックバンド、ZIGGYが29日、3年ぶりの全国ツアー最終公演を 東京・EX THEATER ROPPONGIで行った。

 87年メジャーデビュー時はボーカル森重樹一(53)を含めメンバーは4人だったが、今は森重1人で活動している。

 3月に発売した10年ぶりのシングル「CELEBRATION DAY」でスタート。 真っ赤なロングジャケット姿の森重が「ハロー、東京!」とあおると、満員の1800人から歓声が上がった。

 公演時間は3時間以上。パワフルなボーカルで、89年放送のフジテレビ系連続ドラマ「同・級・生」の主題歌で 代表曲「GLORIA」を含む38曲を披露。また、今年秋に10年ぶりのアルバムを発売することを発表した。

 全国ツアーは4月2日に開始。東京公演を含め10カ所を回った。

日刊スポーツ 4/29(土) 22:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01815517-nksports-ent
デビュー30周年を迎え、3年ぶりの全国ツアー最終公演を行ったZIGGYのボーカル、森重樹一

【【音楽ニュース】「GLORIA」など38曲を熱唱 ZIGGY、全国ツアー最終公演】の続きを読む


1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/04/10(月) 20:45:03.39 ID:CAP_USER9
2017/04/10 18:33

BOOWYのデビュー35周年を記念して、アルバム群の紙ジャケット復刻&180グラム重量盤アナログレコード・リリースが決定。紙ジャケは6月28日、レコードは7月26日に発売されます。

以下、プレスリリースより

<35>...その数字に、特別な意味はない。
1982年にBOOWYというバンドがデビューしてから、今年で35年が経った、それだけのことだ。
日本のロック・シーンはすでにBOOWY第3世代 と言っていい若いジェネレーションが中心となってドライブしているにもかかわらず、わずか6年という活動期間に過ぎなかったこのバンドが、いまだに影響力を持ち続けているのは紛れも無い事実だろう。
BOOWYは、80年代後半というあのカオスの時代に、日本のロックに確かな実在を示し、あちこちに衝撃という楔を打ち込んだのだ。
BOOWY以前、BOOWY以降という表現があるが、その一番の違いは、彼らが混沌の地平に明瞭な景色をもたらしたことではないだろうか。


そんなBOOWYの功績を35周年という機会に、再度再発見することのできるよう、紙ジャケアルバムが限定復刻され、またLAのカッティングで新たな命を吹き込まれたLP盤でのリリースが決定した。

35周年という機会に、彼らのそんな功績を肴に、あらためてBOOWYの美酒に酔いしれるのも悪くない。
2017年。また新たな何かが生まれる年になるかも知れない。

<商品概要>

●6/28発売 アルバム紙ジャケ復刻7W

35周年BOOWY、アニバーサリー・イヤーの先陣を切るのは、現在入手困難な紙ジャケアルバムを限定復刻したシリーズです。
2007年に初めてリリースされた紙ジャケリイシュー版6Wを、プライスダウンし限定復刻。
それに加え、98年リリースのベスト盤「THIS BOOWY」の初回盤紙ジャケも復刻。
共通価格:税抜2,300円(+税)


(1)『BOOWY』 UPCY-9682
佐久間正英プロデュース、ベルリンレコーディング、
「Dreamin'」で幕開けする奇跡への序章。3rdアルバム。

(2)『JUST A HERO』 UPCY-9683
いよいよ本格的なブレイクを迎える、初のセルフ・プロデュース作品。
「わがままジュリエット」「JUSTY」ほか収録。4thアルバム。

(3)『BEAT EMOTION』 UPCY-9684
チャート1位を獲得し、日本のロックの常識を覆した金字塔作品。
「B-BLUE」「ONLY YOU」ほか収録。5thアルバム。

(4)『PSYCHOPATH』 UPCY-9685
シングルとして初の1位を獲得した「Marionette」や、ラスト・シングル「季節が君だけを変える」を収録した、名作の誉れ高い6thアルバム。

(5)『SINGLES』 UPCY-9686
解散後に発表された、全シングル曲と一部のカップリング曲を収録した
シングル・コレクション・アルバム。

(6)『オーケストレーションBOOWY』(アスターテ・オーケストラ・オブ・ロンドン) UPCY-9687
BOOWYの代表曲をロビン・スミスによってオーケストラ・アレンジしたインスト・アルバム。
アートワークは立花ハジメ。

(7)『THIS BOOWY』 UPCY-9688
全20曲収録、EMI時代の音源で構成された決定盤ベスト・アルバム。
当時初回盤のみであった紙ジャケット仕様にて復刻。

>>2以降につづく)

・BOOWY
no title

http://amass.jp/87185/

【【音楽】<ちょっと出しすぎたかw>BOOWY アルバム群の紙ジャケ復刻&180g重量盤LPリリースが決定】の続きを読む


1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/17(金) 04:40:18.22 ID:CAP_USER9
デイリースポーツ 3/17(金) 4:00

 昨年、15年ぶりに再結成し、大みそかの紅白歌合戦にも出演したロックバンド「THE YELLOW MONKEY」が、今年の12月9、10日に東京ドーム公演を開催することが16日、分かった。同バンドの東京ドーム公演は、2001年1月8日に解散前最後のライブとして開催して以来17年ぶり。2日間に渡っての開催は、今回が初めてとなる。

 ボーカル・吉井和哉(50)は「20世紀のイエローモンキーが休止前に最後に行ったいわくつきの大舞台です。本当の意味での復活試合になると思います。楽しみで仕方ありません」と“復活試合”への意気込みをコメントした。

 デビュー記念日の5月21日には、ベストアルバム「THE YELLOW MONKEY IS HERE.NEW BEST」を発売。また17日より新曲「ロザーナ」を配信開始する。


・約17年ぶりに東京ドーム公演開催を発表した「THE YELLOW MONKEY」
no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006341.shtml

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489693218/ 【【音楽】<観客に日本人はいませんでした。>イエモン 12月に東京ドーム公演…ラストライブの地で17年ぶり「復活試合」】の続きを読む

このページのトップヘ