ニルヴァーナ


1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/05/10(水) 22:23:34.17 ID:CAP_USER9
2017.5.9

 コートニー・ラヴは現地時間5月7日に行ったインスタグラムでの生中継セッションの中で、自身の好きなニルヴァーナの楽曲を明かしている。

 ニルヴァーナのカート・コバーンの未亡人であるコートニー・ラヴだが、ファンと交流するために定期的にインスタグラムで生中継を行っており、時にフォロワーからの質問に答えるQ&Aセッションを行っている。 5月7日の生中継では「アメリカン・ホラー・ストーリー」への出演で知られる女優のサラ・ポールソンがこのセッションに参加していたことも明らかになっている。

 生中継の模様はオンラインには残されていないものの、5月7日に行った生中継では参加したファンからのいくつかの質問にコートニー・ラヴは答えている。とあるファンは好きなニルヴァーナの楽曲をコートニー・ラヴに尋ねており、コートニー・ラヴは最初に“Heart-Shaped Box”を挙げたという。 “Heart-Shaped Box”はコートニー・ラヴが送ったハート型の箱が曲名となっている。

 コートニー・ラヴはさらに“Serve The Servants”、“Frances Farmer Will Have Her Revenge On Seattle”、“In Bloom”を自身の考えとして上位に挙げたと報じられている。

 ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』は今年3月に節目となる350週目の全米トップ200入りを果たしたことが明らかになっている。

 3月11日付の最新の全米アルバム・チャートで『ネヴァーマインド』は134位にランクインしており、連続ではないものの、これが350週目のチャート入りとなっている。米『ビルボード』誌によれば、61年のチャートの歴史において、これは歴代8位の記録だという。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

http://nme-jp.com/news/37645/

【【音楽ニュース】コートニー・ラヴ、自身の好きなニルヴァーナの楽曲を明かす】の続きを読む


1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/19(日) 19:04:08.95 ID:CAP_USER9
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27763
2017/03/19 12:00

no title


天国で50歳の誕生日を迎えたカート・コバーン、その人生哲学を表す12の名言とは?性差別、同性愛、クラシックロックまで、その素顔を浮かび上がらせる名台詞の数々を紹介する。

カート・コバーンが生きていたとしたら、彼は先月50歳の誕生日を迎えるはずだった。
ニルヴァーナのギターヴォーカル、そしてソングライターだった彼は1994年4月、自身に向けた銃の引き金を引き、27年間の生涯に幕を下ろした。
シアトルのグランジシーンを飛び出して世界的スターとなった彼は、疎外感を抱えた10代の若者たちの代弁者として崇められた。
手にした名声を忌み嫌い、フェミニズムとゲイの人々の権利を声高に訴え、オールドスクールのパンクを愛した彼は、それまでの典型的なロックスターとは正反対の存在だった。

その死から20年以上が過ぎた現在でも、カート・コバーンが残した音楽は輝きを増す一方だ。その功績を称え、彼の叡智と信条を滲ませた12の名言を紹介する。

「俺は時々、すごくニヒリスティックで嫌なやつになるんだ。皮肉ばかり口にしているかと思えば、脆く危ういほどに素直になることもある。
俺の書く曲のほとんどはそのギャップから生まれていて、自分の2つの面が同居しているんだ。俺と同じくらいの年の人はみんなそう感じているだろうね。
数年前にとことんムカついたことに、俺は今でもすごくムカついてる。俺は基本的に何にでもムカつくタチだから、俺の曲はほぼ全部何かに対する苛立ちを表現しているんだ」
ー マイケル・アゼラッド著『Come as You Are: The Story of Nirvana』

「俺が経験したことと、そこから生まれた感情を反映しているっていう点では、俺の曲はすごくパーソナルだ。
でも曲のテーマは必ずしもそうじゃない。そのストーリーの多くはテレビや本、映画、友人の経験なんかに基づいてる。それでも、曲に宿っている感情が俺自身のものであることは確かだ」
ー ローリングストーン誌 1992年

「俺たちのファンに伝えたいことがあるんだ。もし君がホモセクシャルの人々、肌の色が異なる人々、そして女性に対して嫌悪感を抱いているなら、俺たちのショーには来ないで欲しい。レコードも買わないでくれ」
ー『インセスティサイド』のライナーノーツ

「エアロスミスとレッド・ツェッペリンのメロディーが好きでよく聴いていたけど、彼らの曲の多くが性差別的だって何年も経ってから気づいたんだ。
自分のペニス自慢とセックスについてばかりで本当にウンザリした。俺は当時、過去数年間の高校生活で自分がいつも苛立っていた理由を少しずつ理解し始めてた。
そんな頃にパンクロックと出会って、何もかも変わった。欠けていたパズルのピースがやっと見つかった気がしたんだ。
パンクのアティテュードは、世の中に対する俺の思いと完全にシンクロした。パンクと出会って初めて、俺は自分が抱えていた怒りと疎外感に気づいたんだ」
ー Blank on Blank 1993年

「俺は自分が男性よりも女性に近いと感じる。少なくとも典型的なアメリカ人男性像よりはずっとね。ビールのコマーシャルを見れば、俺の言わんとしていることがわかるはずだよ」
ー ローリングストーン誌 1992年

「共感できる男の友達がまるでいなかったから、俺はいつも女の子と遊んでた。だからかもしれないけど、俺は女性が不当に扱われていて、社会的に抑圧されてると感じてた。
ビッチとかヤリマンとか、そういう言葉が当たり前のように使われていることに違和感を覚えていたんだ」
ー Blank on Blank 1993年

(続きます)

【【音楽】「ニルバーナ」カート・コバーンが残した12の名言】の続きを読む

sim
1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/02/23(木) 22:22:26.29 ID:CAP_USER9
2017/02/23 15:12

「ニルヴァーナの熱烈なファンが選ぶ、通好みの隠れた名曲 TOP10」を米ローリングストーン誌のサイトが発表。WEB読者の投票による結果


1. "D-7" (1992)
2. "Territorial Pissings" (1991)
3. "I Hate Myself and Want to Die" (1993)
4. "Even in His Youth" (1991)
5. "Sliver" (1990)
6. "Radio Friendly Unit Shifter" (1993)
7. "Lounge Act" (1991)
8. "Dive" (1989)
9. "Aneurysm" (1991)
10. "Sappy" (1989)


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.rollingstone.com/music/lists/readers-poll-10-best-nirvana-deep-cuts-w468146


Nirvana
no title

http://amass.jp/85142/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487856146/ 【【音楽】<ナヴァーナ>「ニルヴァーナの熱烈なファンが選ぶ、通好みの隠れた名曲 TOP10」を米ローリングストーン誌が発表】の続きを読む

このページのトップヘ