hip-hop


1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/06/19(月) 12:21:07.33 ID:CAP_USER9
  Dungeon Monstersがラップブームを再び巻き起こす。『Mステ』で叩きつけた強烈な存在感
2017.06.18 21:00
https://rockinon.com/news/detail/162425

066e4ccc1dd00c153e90e0ea3b1b4b75
  6月16日(金)にオンエアされた『Mステ』、岡崎体育や関ジャニ∞、そしてMONDO GROSSOとして満島ひかりがなんと16年ぶりに同番組でパフォーマンスを披露したりと、話題性の高いそうそうたる面々の中、明らかに空気感の違うグループがいたことにお気づきだっただろうか。

  彼らこそが『フリースタイルダンジョン』で「モンスター」の座に君臨している最強ラッパーによるユニット・Dungeon Monstersである。


  「ラップのことはあまり知らない」という方のために説明すると、『フリースタイルダンジョン』というのは、対戦型バラエティ番組で、挑戦者がモンスターと呼ばれるそう簡単には倒せない最強ラッパーと即興ラップで賞金100万を目指して戦う。Dungeon Monstersは、島人MCことCHICO CARLITO、狂気のブラックエンペラーことT-Pablow、ディスの極みメガネことDOTAMA、プリンス・オブ・ヨコハマことサイプレス上野、ミスターフルボッコこと漢 a.k.a. GAMI、浪速のTOO SHY SHY BOYことR-指定、そしてラスボス・般若の7人のモンスターから構成されている。

  『フリースタイルダンジョン』のバトルでは、テレビでは放送できない過激なワードも飛び交い、その部分だけ「コンプラ」というモザイクと共に音声がカットされたりすることもある。しかし今回は、どんな言葉が飛び出すかわからないフリースタイルではなく、先日配信リリースされたバトルアンセム“MONSTER VISION”が披露された。

  トークでは、『フリースタイルダンジョン』で番組MCも務めるZeebraが「我々ヒップホップも『Mステ』からだいぶ遠ざかってましたから」といった言葉をタモリと交わしていた。そしてパフォーマンスはCHICO CARLITOの勢いあるラップからスタート。そこからT-Pablow、DOTAMAとそれぞれのキャラクターが前面に出たラップを繰り出し、バトンを回していく。

【【フリースタイル・ダンジョン】Dungeon MonstersがMステで圧倒的パフォーマンスを見せる】の続きを読む


1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/28(火) 21:23:46.87 ID:CAP_USER9
2017年3月28日 20:35

ラッパ我リヤが本日3月28日(火)深夜にテレビ朝日系で放送される「フリースタイルダンジョン」に出演。ライブパートにてパフォーマンスを披露する。

今回の放送では、彼らが3月29日にリリースする約8年ぶりのオリジナルアルバム「ULTRA HARD」から、1995年よりシリーズ化されている楽曲の第10弾「ヤバスギルスキル 10 feat.韻踏合組合」を披露。
なお、ラッパ我リヤのYouTube公式チャンネルではこの曲のミュージックビデオが公開されている。


またラッパ我リヤのオフィシャルサイトではアルバム「ULTRA HARD」の発売を祝福する、Kj(Dragon Ash)、渡部建(アンジャッシュ)、パンツェッタ・ジローラモ、YOU、Zeebra、いとうせいこう、R-指定、漢 a.k.a. GAMI、サイプレス上野、中田花奈(乃木坂46)、アルコ&ピースなど
著名人からの動画コメントを公開中。このコメントは今後も追加が予定されている。

アルバム発売日である3月29日には、ラッパ我リヤが東京・タワーレコード渋谷店でインストアイベントを開催。
山田マンはインストアイベントについて「いつやったか覚えていないくらいひさしぶり」と話している。


ラッパ我リヤ
no title

http://natalie.mu/music/news/226480


∥動画∥
ラッパ我リヤ「ヤバスギルスキル 10 feat.韻踏合組合」【Music Video Short Ver.】 [ラッパ我リヤ]
https://www.youtube.com/watch?v=n1Guo6G9Q3E




∥関連∥
ラッパ我リヤ | MS Entertainment
http://www.msrecord.co.jp/rappagariya/message.html

【【音楽】ラッパ我リヤ、「フリースタイルダンジョン」で「ヤバスギルスキル 10」お披露目ライブ】の続きを読む

kdub_box1_img
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/21(火) 15:43:57.97 ID:CAP_USER9
ヒップホップMCのKダブシャイン(48)が、地下鉄車両が落書きされた事件を受け「これぞヒップホップ!!という爽快感は禁じえない」と肯定的に発言したことで、ネット上で物議をかもしている。

 複数メディアが21日、横浜市営地下鉄の車両に相次いで落書きされているのが見つかったとの事件を報じた。Kダブシャインは同日ツイッターで「もっとやれー!と言ったら怒られるんだろうな。ただこれぞヒップホップ!!という爽快感は禁じえないw」とツイートし、一部ネットユーザーから批判を浴びた。

 ヒップホップは、スプレー等で壁などに落書きする「グラフィティ」文化とつながりが深い。そのためKダブシャインは「現象として感傷に浸っただけで作品として賞賛した覚えはありません」「このピースが特別優れてるとは言ってない。今回の現象がレトロ感溢れてて懐かしい気分にさせられたという意味。それだけ」と発言の真意を説明している。

 Kダブシャインの発言をめぐり、「うわっ、ドン引き…」「頭おかしいのかな?」と嫌悪する声や、「本当に見損なった。いくらカルチャーであろうと、犯罪を分野のトップが肯定しちゃダメだ、、、」「グラフティもヒップホップの文化だからwwwって薄っぺらいこと言ってるやつらはいっぺん自分の家に壁にタギングされてみろよ」「トップアーティストが軽々しく扇動するような発言するのが、どうかしてる」といった批判が多数を占めたが、その一方で「ヒップホップは最初の成り立ちからややこしい文化だからね」「ケーダブの言いたいこともわかる」「ヒップホップは音楽じゃなくて文化なんだけどなぁ… そこを知らないやつが多すぎてこうなるんだよ」と擁護的なコメントもあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01782093-nksports-ent

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487659437/ 【【音楽】<zeebraの相方>Kダブシャイン批判殺到 電車落書きはヒップホップ】の続きを読む

このページのトップヘ