総合格闘技


1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/17(金) 21:45:25.78 ID:CAP_USER9
イーファイト 3/17(金) 19:13配信  山本美憂・42歳の最強ヌードを披露
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000011-gbr-fight
 レスリング世界選手権で1994・95年を連覇し、2016年より総合格闘技へ転向しRIZINに出場している
山本美憂(42歳/KRAZY BEE)が、3月14日発売(3月28日・4月4日合併号)の写真週刊誌
FLASH(光文社)で「最強ヌード」と題された大胆な姿を披露している。

 袋とじ8Pの中には一糸まとわぬ姿も収められ、鍛え上げられた成熟の肉体を見ることができる。

 FLASH編集部に今回の出演の経緯を取材すると「アスリートとして、総合格闘家として輝く山本美憂さんに、
ぜひ、リング外での表情を撮らせていただきたい、とオファーしたところ、山本さんにご快諾いただきました」という。

 撮影は今年2月に開放感のある沖縄で行われた。

画像
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170317-00000011-gbr-000-4-view.jpg
no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489754725/
【【総合格闘技】山本美憂、42歳の最強ヌ●ドを披露】の続きを読む

1: 北村ゆきひろ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/21(火) 00:36:39.33 ID:CAP_USER9
歴史にIF(もし)は禁物と言うが、この出来事がなければ総合格闘技界も大きく変わっていただろう。
1997年10月11日、総合格闘技イベントPRIDEの第1回大会で行われたcap092_20081011231551s
高田延彦

-ヒクソン・グレイシー戦から今年で20年を迎えた。

 17日に開かれたPRIDEの流れを受け継ぐ総合格闘技イベントRIZINの会見では、今年の年間スケジュールなどとともに、
高田-ヒクソン戦の20周年記念イベントを行うことが発表された。ヒクソンと戦い、今はRIZINの統括本部長を務める高田氏の
心中には言葉にできないような思いが去来したのだろうか。会見でコメントを求められると「んー、そうですね…。あっという間と言えば
あっという間ですね…。以上でございます」と、遠くを見つめながら話すだけだった。

 元はといえば、「PRIDE」はこの1戦のために始まったイベント。高田氏は敗れたものの、その後の「PRIDE」は視聴率20%を
超えるほどの人気を集め、一時は世界最高峰の舞台になったことを考えると、この1戦が日本の総合格闘技界に与えた影響は極めて大きいといえる。

 会見では、この1戦の実現に尽力したRIZINの榊原信行実行委員長も感慨深げだった。「こんなに総合格闘技が愛されて
競技者が増えるとは想像していなかった。高田-ヒクソン戦はとっても大きな貢献をしたと思う。そこから10年のPRIDEの歴史は
世界中のプロモーションに大きな影響を与えたと自負しています」と当時を振り返り、「あの試合がなければ、PRIDEが生まれていなかったら、
当時はアメリカで総合格闘技は禁止になっていた訳ですから、行き場がなかった。衰退していくしかなかったタイミングで10年間、日本で育った」と意義を強調した。

 榊原氏が言うように、現在につながる総合格闘技のはしりといる米国の総合格闘技団体UFCも、今でこそ世界最高峰に君臨するものの、
高田-ヒクソン戦が行われた頃は、米国の多くの州で総合格闘技を禁止する法律が定められたこともあり、厳しい経営状態に陥っていた。
その後に大きく成長したPRIDEが世界最高峰にふさわしい舞台を作り上げていなければ、総合格闘技が現在のような隆盛を迎えることはなかったかもしれない。

https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/02/20/0009929437.shtml

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487604999/ 【【格闘技】<出てこいや!>高田VSヒクソンから20年 総合格闘技の栄枯盛衰】の続きを読む

images
1: THE FURYφ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/18(土) 12:49:07.91 ID:CAP_USER9
2月10日(金)付けのブログで突然の活動休止を発表し、ファンを驚かせている総合格闘家の
中井りん(パンクラス ヴィーナス)。15日(水)には主戦場であるパンクラスの酒井正和CEOが
声明を通じて、中井のパンクラス女子バンタム級タイトル返上と階級転向を明らかにしたが、
これに対して中井が「真意と違う」と反論している。

ここ最近のブログで体調不良や精神的な不安を吐露し続けていた中井は、10日に「パンクラスの
女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います」と
記すとともに、「中井りんの活動を休止したいと想っています」と、突然の活動休止を発表。

この件に関する補足として酒井CEOが15日に声明を出し、「中井りん選手がバンタム級から
フライ級に階級を変更するに伴い、女子フライ級とストロー級のベルトを新設をします。そのことから
本人了承のもと、バンタム級のベルトを返上し2月9日付けでフライ級のランキング1位になりました」と
伝えていた。

しかし、中井は17日(金)付けの最新のブログで、「その様なコメントを出さないで下さいと、私が
パンクラスにメールしようとしていた矢先に酒井代表のコメントが発表されてしまい、その内容は
真意と違いますので困っています」と、酒井CEOの声明に反応。

「女子バンタム級のタイトルに関しましては、当初はパンクラスからタイトル返上だけの要求でしたが、
宇佐美館長がパンクラスと交渉し『フライ級のタイトルをつくるのならバンタム級は返上してもいい』という
確約をとってくれた宇佐美館長の交渉努力によってフライ級のタイトル新設が出来ました。この事は
メールのやり取りによって証明する事が出来ます」と綴った。

さらに、「何年も前から想っていたのですが、パンクラス様のやり方に心を痛めていたのですが、そのことは
最近になってもっと状態は悪くなり…」と続け、「私中井りんはパンクラスをやめたいのであって、
私中井りんにとってパンクラスとの契約が負担になっていて心療内科で治療を受ける程大変な
負担になっています。ですから中井りんとしてはパンクラスとの『専属選手契約』を1日も早く
解消解除して下さいますよう、パンクラス様に御願い申し上げようと想っています」と、パンクラスに対して
契約解除を申し出る意向を示している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000000-gbr-fight

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487389747/ 【【格闘技】<リンパン抗争の悪夢再び>中井りんがパンクラスに対し、契約解除の意向示す】の続きを読む

img_8067
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/02/13(月) 12:52:00.56 ID:CAP_USER9
パンクラス・バンタム級クイーンの中井りん(パンクラス ヴィーナス)が2月10日(金)、
自身のブログで活動休止を発表し、ファンから心配の声が上がっている。

1月28日のブログで腕の負傷を報告して以降、体調不良や精神的な不安を吐露するような内容でのブログ更新が続いていた中井。

今回も冒頭で、「昨日、雪や雨の降る天候で外で、ベアトップ(胸のところだけ)とパンツと僅かな着衣で1日仕事が有り、気温は2~3度と言われていましたが、
夕方から体調が悪くなり、帰ってから沢山の身体に悪い症状があらわれて発熱し、
救急病院で投薬、医師の治療を受けました」と、イベント参加後に体調を崩したことを報告した。

続けて、「パンクラスの女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います」と、
現在保持するバンタム級初代クィーン・オブ・パンクラシストのベルトを返上する意向であることも明かした。

そして最後、「中井りんの活動を休止したいと想っています」と締めくくっている。

これに対して、ファンからは「心身ともにダメージを受けているように感じる」、「格闘技はやめないでね」、
「体を第一に考えてください」、「マジか!最近ファンになったのに…」といった心配と驚きの声が続々と届けられた。

昨年末のRIZIN出場で注目度がアップした中井だが、今後の動向が注目される。
なお、パンクラスからの公式発表などは現在のところまだされていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000006-gbr-fight
イーファイト 2/13(月) 12:07配信

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486957920/ 【【ジョシカク現役最強】パンクラス 中井りん、ブログで突然の活動休止を発表】の続きを読む

このページのトップヘ