特撮

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/26(日) 14:55:14.59 ID:CAP_USER9
04de23db
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010000-abemav-movi
AbemaTIMES 3/26(日) 13:17配信

映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」が全国で25日から公開。
1971年から続いている仮面ライダー人気の秘密を東映取締役テレビ第二営業部長・白倉伸一郎氏が明かした。

「異形性というのがあると思っている。元々、1号ライダーはバッタのヒーロー。今新しい仮面ライダーの打ち合わせをしたとして、バッタのヒーローを作りましょうかと言われたらバカかってなりますよ」


 昆虫の中でも子供たちにとって人気のあるカブトムシやクワガタでなく、バッタを選んだことに「かっこいいとも言い切れないような、グロテスクだったりするかもしれない。
それがヒーローとなって戦うことの違和感。見たときのびっくり感というのが『なんじゃ、そりゃ』と思っても、いざ動いているのを見たり、振る舞いを見たりすると、もの凄くかっこよく思えてくる」と説明した。

 万人がかっこいいと思う仮面ライダーは、それほど人気が出ないのではとも予想する。
逆に「総スカンを食らっていたようなのが息の長い人気を誇ったりする」。1度見て魅了されれば40年が経過しても忘れられないという。


動画:“バッタのヒーローなんてバカじゃないかと” 仮面ライダー誕生の裏側
https://youtu.be/n677tisKU68


【【特撮】「バッタのヒーローなんてアホかバカじゃないか」と 仮面ライダー誕生の裏側】の続きを読む


1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/03/21(火) 22:27:30.86 ID:CAP_USER9
8a1ddbb9
30代男性が一番好きなスーパー戦隊は「太陽戦隊」

子供向け特撮番組「スーパー戦隊」は、『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く人気シリーズ。
40年にわたる歴史をもち現在は41作目が放映中。

そんな、いつ見ても新しくも懐かしいシリーズである「スーパー戦隊」だが、30代の男性社会人はどの“戦隊”が好きだったのか。
200人を対象にアンケート調査を行った。

〈30代男性会社員が“最も”好きな「スーパー戦隊」〉
1位 太陽戦隊サンバルカン(1981~1982) 5.5%
sunvulcan

2位 忍者戦隊カクレンジャー(1994~1995) 5.0%
b4579de73b3c74ad9e1417f15a07ad4f

3位 地球戦隊ファイブマン(1990~1991) 3.5%
img_0


4位 恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992~1993) 3.0%
hqdefault

4位 電撃戦隊チェンジマン(1985~1986) 3.0%
b58905aa63d78e40e30ee170fc032411


4位 超電子バイオマン(1984~1985) 3.0%
hqdefault


5位 科学戦隊ダイナマン(1983~1984) 2.5%
120014840



6位 超新星フラッシュマン(1986~1987) 2.5%
120044206


7位 光戦隊マスクマン(1987~1988) 2.5%
20130124_229703


8位 高速戦隊ターボレンジャー(1989~1990) 2.5%
JCOM-169-KYKDA_tid_0000518111_i-786681


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170320-00000005-rnijugo-ent

前スレ
30代男性が一番好きなスーパー戦隊はベスト10!3位:ファイブマン、2位:カクレンジャー。1位… ★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490065957/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490102850/
【30代男性が一番好きなスーパー戦隊はベスト10!3位:ファイブマン、2位:カクレンジャー。1位…】の続きを読む

1: きのこ記者φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/11(土) 01:58:51.78 ID:CAP_USER9
(略) 全文は記事をお読みください

ひし美 実はアンヌの役ははじめ東宝の私の先輩で、私ではなかったんです。
     ところがその女優さんがクレージーキャッツの映画に出ることが急きょ決まったんです。
     当時はテレビよりも映画の方がステータスが上だったんですね。彼女は「怪盗ジバコ」という作品で
     谷啓さんの相手役を演じることになったわけです。
井上 それで“空席”がうまれ、ひし美さんが収まったというわけですか? 
ひし美 そう。でも私には「ちょっと円谷プロ行ってくれ」と告げられただけで、よくわからなかった。
     東宝の撮影所のすぐ裏にあった円谷に次の日行くとユニフォームを着るよう言われて写真を撮ったんです。
     実はそれが今、アンヌ隊員として出回っている写真なんです。

井上 役が決まる前のショットですか。だから、姿かたちが何となくぎこちない感じがするんだ。
ひし美 そうそうそう。それに隊員服は、元々の先輩女優さんのサイズでしょう。私より小さいんですよ、
     だから袖を通したらボディラインが浮き出るほどピチピチで…。 
井上 確かにユニフォームがパツパツでしたね。エロスというか色っぽさが漂っておりました。 
ひし美 あれはウルトラシリーズのデザインを一手に手がけた成田亨先生の傑作のひとつだったんです。
     ただ私は採寸なしでいきなり袖を通したでしょう。もう手は短いし、徐々に縮んでいくでしょう。
      さすがに衣装さんには内緒で中のゴムを切っちゃった(笑)。  

井上 ひし美さんの一番の思い出に残る回はあります? 
ひし美 うーん…、やっぱり自分が立っている役だなあ。例えば現代の人類の登場以前に地球で栄え、
     人類の侵略で海底へ住処を追われたという設定の架空の知的生命体「ノンマルト」を描いた
      「ノンマルトの使者」では私服を着ることが出来たし、水着も着ることが出来たんですよ。
      ユニフォームでない服装ができるのは、それだけで嬉しかった(笑)。でも内容はなんだか全然分からなかったなあ(笑)。

井上 「ノンマルト」はたしかに私服が多くて水着のシーンもありましたよね。 
ひし美 そうそうそう。あの水着は、東宝で「ミスティーンコンテスト」というコンテストがあって人数が足りないから
      さくらで出された時にいただいたものなんです。友達にかわいい洋服を借りてそれ着て行ったら、
      大信田礼子さんが一位になったんですけど、そのコンテストで提供されたピンクの水着、これを着てノンマルトに
      出演したんです。あれが一番の思い出ですね。 

井上 ノンマルトの使者の脚本を書いたのが、金城哲夫さんでしたよね。とにかくこの回は非常に考えさせられる
    ストーリーでしたね。
ひし美 満田さんは金城さんと脚本、ストーリーについて呑みながら話し合う機会がよくあったそうで、
     そのさい、満田さんが「果たして人間って、地球で一番最初にいた存在だったのかなあ」みたいな話題を
     ボソッと言ったことがあったそうなんです。そしたら金城さんがその一言に反応して
     「あ、ちょっと待って。いい脚本ができそうだ」などと言い残して帰っちゃって、それであの作品が出来たそうなんです。
     沖縄がどうのこうのとか、よくそこに結び付けている方がいますが、全くそうじゃあないみたいですよ。
井上 妙に政治的な方向に話をゆがめていくんですよね。

http://www.sankei.com/premium/news/170211/prm1702110018-n1.html
no title

https://22.snpht.org/170211015756.jpg

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486745931/ 【【おっさんホイホイ】「アンヌ隊員の服は、ボディラインが浮き出るほどピチピチで…」】の続きを読む

このページのトップヘ