漫画


1: ニライカナイφ ★ 2017/11/18(土) 04:39:53.44 ID:CAP_USER9
◆「なぜ黒人は『ドラゴンボールZ』を敬愛してやまないのか」 黒人記者の分析が鋭いと話題に


 海外サイトKotakuの黒人記者、ジータ・ジャクソンさんが『ドラゴンボールZ』が黒人の間で深く敬愛されている理由を分析。話題になっていたので紹介します。

「なぜ黒人男性は『ドラゴンボールZ』が大好きなのか」より抄訳
https://kotaku.com/why-black-men-love-dragon-ball-z-1820481429

『ドラゴンボールZ』の物語は黒人の歩んできた歴史と重なる。

 孫悟空は本来地球を滅ぼすために送られたサイヤ人だったが、あるとき頭を強打し記憶喪失に。自分が何者でどこから来たのか分からない悟空はそれ以来、自分を超える強敵が現れる度に覚醒し、ドレッドヘアをまとった黒人のような姿(超サイヤ人)になり弱さを克服していく。

 アメリカで生まれ育った黒人男性の多くは、悟空のように「自分がどこからやってきたのか」「自分には本当の故郷がない」と考えている。肌の色のせいで見下され、傷を癒やすことも、健全な関係を築くことも、ミスを正したり、人間であること、はたまた生きることさえも否定されてきた。

 まるで死人のような人生だが、『ドラゴンボールZ』はこれを乗り越える術を教えてくれたのだ。黒人は「白人の半分の成果を得るには2倍多く働かなければならない」と聞かされて育つのだが、これやり遂げる主人公たちの姿が『ドラゴンボールZ』にはある。

 悟空が死んで初めてしたことは強くなるための修行だった。死んでもなお”休み無し”で挑み続ける悟空の姿は多くの黒人少年の励みとなり、彼らを立派な大人へと導いてくれる。自らのルーツを知らない黒人男性にとって『ドラゴンボールZ』は自分たちの歴史そのものであり、成長していく悟空の姿を自分に重ね合わせることで、未来への道を指し示してくれる作品になっているのだ。

画像:http://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/7/6/761fcf6f.jpg

ユルクヤル、外国人から見た世界 2017年11月17日
no title

【【アニメ】『ドラゴンボールZ』が黒人に深く敬愛される理由】の続きを読む


1: 自治郎 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 21:33:55.83 ID:CAP_USER9
 ジョージ秋山さんのマンガ「浮浪雲(はぐれぐも)」が、20日発売のマンガ誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館)19号で、最終回を迎え、約44年の連載に幕を閉じた。「ビッグコミックオリジナル」が創刊された1972年の1年後の73年12月に連載が始まった長寿作で、第1039話が最終回となった。


 同誌の編集部は「連載完結にあたり、ジョージ秋山氏がコメントすることはありません。44年間、1000回を超える連載、どの一話もいつもの一話で、どの一話も特別な一話。これが最後の一話です。皆さん、見届けてください」とコメントを寄せている。

 「浮浪雲」は、幕末の品川宿を舞台に、物事に執着せず、ひょうひょうと生きる問屋の頭・雲と、彼と関わる人々の生活を描いたマンガ。教育、夫婦、恋愛などさまざまなテーマが扱われた。78年に渡哲也さん、90年にビートたけしさん主演でドラマ化されたほか、82年には山城新伍さんらが声優を務めた劇場版アニメも製作された。

 コミックスが110巻まで発売されており、111巻が29日、最終112巻が2018年1月に発売される。

2017年9月20日

https://mainichi.jp/articles/20170919/dyo/00m/200/028000c

浮浪雲
no title

【ジョージ秋山の長寿マンガ「浮浪雲」が44年の連載に幕】の続きを読む



1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/01(木) 10:28:01.15 ID:CAP_USER9
 503013805
qyxthmxc
5月31日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、人気漫画家の江川達也氏が、人気コミック『GTO』は自身の作品のパクリだと指摘した。

 番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「GTO作者は江川達也の弟子だった?」と題して、週刊朝日の記事を取り上げた。

 週刊朝日の連載「平成夫婦善哉」に、『GTO』の作者で知られる漫画家、藤沢とおる氏と、妻で女優の藤沢あやのが対談で登場。記事では、藤沢氏が無名時代に江川氏のアシスタントを3日ほど携わった後、逃げ出した過去も明かしている。

 このエピソードについて、スタジオコメンテーターの江川氏は「本当ですよ!」と、笑って認めた。そして「彼(とおる氏)はね、ウチに産業スパイに来てた」とジョークを交え、笑いを誘った。

 そんな藤沢氏について、江川氏は「オレ、売れてたんで。(藤沢氏は)『秘伝のタレ』を盗みに来て。(仕事のコツを)ペラペラ喋っちゃって」と当時を述懐。その後、藤沢氏は「週刊少年マガジン」上で連載した『GTO』が大ヒットするが、江川氏は「これがね、僕のヒットしたデビュー作の『BE FREE!』のパクリなんですよ!」と暴露したのだった。

 後年江川氏は、再会した「パクってたね?」と迫ると、藤沢氏は「パクってました!」とパクリを認めたとのこと。ただ、江川氏が「弟子認定」した藤沢氏は、お咎めなしだったということだ。



2017年6月1日 9時30分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13141520/

【【漫画ニュース】<江川達也氏> 人気漫画「GTO僕のデビュー作のパクリ」】の続きを読む


1: juggler ★@無断転載は禁止 2017/05/06(土) 11:22:36.12 ID:CAP_USER9
 漫画作品の一番わかりやすいバロメーター「画力」、作品の方向性によって基準などは異なるでしょうが、素人が見てもわかりやすい漫画家の「力」ですね。 某巨大掲示板でも議論が尽きない話題であり、各漫画家や作品を挙げて殴り合いのような言い合いが日々行われている程、奥の深いものでもあります。

 そこで今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家」をアンケート、ランキングにしてみました。 ジャンプ最強の画力の持ち主は、一体誰だったのでしょうか?

1位 小畑健
7f4c982c35a5058239e3fa63a35b53f7

2位 鳥山明
mig

3位 井上雄彦
ueno-main

4位 北条司
20100413180749443_0002

5位 荒木飛呂彦
o0240032010337180417

6位 桂正和
E6A182E6ADA3E5928Cilstr

7位 尾田栄一郎
mainImg2

8位 空知英秋
99


9位 原哲夫
que-1175834176

10位 佐伯俊

thumbs

 


気になる11位?43位のランキング結果もぜひご覧ください!

歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家ランキング|gooランキング
https://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/026/vote_1012/

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2768539


【【漫画】歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家といえば? 3位井上雄彦 2位・・】の続きを読む


1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/25(火) 01:45:33.87 ID:CAP_USER9
top01
北条司「エンジェル・ハート」完結を発表、5月発売のゼノン7月号で最終回

コミックナタリー 4/25(火) 0:00配信

 北条司「エンジェル・ハート 2ndシーズン」が、5月25日発売の月刊コミックゼノン7月号(徳間書店)にて完結を迎える。 本日4月25日発売の同誌6月号に予告が掲載された。

 「エンジェル・ハート」は、代表作「シティーハンター」のキャラクターや設定を使って新たな物語を紡いだリメイク作品。 2001年に週刊コミックバンチ(新潮社)で連載が始まり、2010年からは掲載誌を月刊コミックゼノンへと移籍し
タイトルが現在の「エンジェル・ハート 2ndシーズン」へと変更された。 2005年にはテレビアニメ化、2015年にはテレビドラマ化もされている。

 ゼノンでは、完結を迎える7月号から記念企画を多数展開。 3号連続付録の「エンジェル・ハート」名場面クリアファイルを始め、作品の歴史を振り返る「HISTORY of XYZ」や、 ゼノン作家陣が描き下ろしイラストを寄せる「私のエンジェル・ハート」、北条の描き下ろしミニ色紙が 「エンジェル・ハート」全443話に合わせて443名に当たるプレゼント企画などを実施する。 東京・吉祥寺のCAFE ZENON、ソラZENONでも関連したイベントや展示が行われる予定だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000003-nataliec-ent

【【漫画】北条司『エンジェル・ハート』完結へ 5月発売のゼノン7月号で最終回】の続きを読む


1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/04/04(火) 22:20:02.61 ID:CAP_USER9
「頭文字D」や「バリバリ伝説」の作者・しげの秀一さんが、4年ぶりに自動車マンガを連載することが明らかになった。
2013年に連載を終えた「頭文字D」以来で、今夏連載の予定。

3日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)18号では、イメージ画像と共に「新たなる伝説--」「しげの秀一 今夏、新連載開始!!」と紹介。
「202X年、車の自動運転が普及した日本を舞台に、英国のレーシングスクールをトップの成績で卒業した天才ドライバーが帰国する」という文章が掲載されている。

また、しげのさんの女子野球マンガ「セーラーエース」は、同号で最終回を迎えた。 

画像:no title


http://mantan-web.jp/2017/04/03/20170402dog00m200029000c.html

【【漫画】『頭文字D』や『バリバリ伝説』の作者・しげの秀一さん、セーラーエース突然の打ち切り】の続きを読む


2L
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/03/26(日) 17:44:16.31 ID:CAP_USER9
『パタリロ!』の魔夜峰央先生が30年以上前に描いた、埼玉をからかった漫画『翔んで埼玉』が復刊後に55万部のバカ売れ。

また、大ヒット漫画家・吉沢やすみ先生の娘が描く『ど根性ガエルの娘』の内容に、ネットを中心に衝撃が走るなど、一時代を築いた漫画家が最近話題になっている。


そんななかで、小学館『月刊コロコロコミック』の黄金期を支えた人気漫画『つるピカハゲ丸』の著者・のむらしんぼ先生が23日放送のテレビ東京『OHA OHA アニキ』に出演。

年収6,000万円の豪遊から借金生活へ転落や、過去にほかの作品から絵柄をパクっていた事実を暴露し、視聴者にインパクトを与えている。

■一世を風靡した『つるピカハゲ丸』

1985年に連載開始の『つるピカハゲ丸』は、主人公・ハゲ田ハゲ丸とその一家が「つるセコ」を合い言葉に強引な節約術を披露する4コマ漫画。

同時期に連載されていた『おぼっちゃまくん』『かっとばせ! キヨハラくん』と共に「3大ギャグ漫画」として人気を博し、アニメ化も果たした。

番組に出演したロバート・秋山竜次(38)も「ハゲ丸しか読んだことがない。小学生のころはこのために生きていた」と明言するほど、当時の小学生を夢中にさせた作品だ


改めてこうして見ると『つるピカハゲ丸』って、すげーな!#OHAOHAアニキ #tvtokyo #山寺宏一 #花江夏樹 #ロバート #ベイビーレイズJAPAN #林愛夏 #コロコロアニキ pic.twitter.com/zIFl7mMIIL

? OHAOHAアニキ公式 (@oha2aniki) March 16, 2017

■のむらしんぼ先生の栄光と転落

のむら先生は同作品によって栄光と転落を味わってきた。

『島耕作』シリーズ、『人間交差点』の弘兼憲史(69)のアシスタントを務めたのち1979年に漫画家デビュー。


直後に低迷期を迎え、家族を養うために、乗り気ではなかった『ハゲ丸』の連載を開始。これがコミックス累計500万部を超えるヒット作に。

バブル絶頂期には漫画制作会社・しんぼプロを設立し、銀座や六本木で夜な夜な豪遊。

売れている漫画家同士で飲みに行くと「自分が払う」と見栄を張りあい「帰ったら小銭だけ」とかなり散財してきたそうだ。

連載、バブルが終了したことでのむら先生の環境は一変。それまでの散財から借金が膨れ上がり、ついに離婚にいたる。


その後も作品を発表し続けるもヒット作には恵まれず、甥っ子からは「だれも読んでない。キャラが古い」と酷評されてしまう。

■パクリについても言及


「面白いものはちょこちょこパクる」と語るのむら先生は、自身の作品に「ほかの作品からのパクリ」があったと告白。

ハゲ丸が舌を鼻の方に伸ばした表情は、小林よしのり先生が『週刊少年チャンピオン』に連載していた漫画『いろはにほう作』のパクリ。「気がつけばこうなった」「小林先生は天才」と評した。


一番もあらしも、みんなどっちも最高!って思って読んでたよね!
#OHAOHAアニキ #tvtokyo #ベイビーレイズJAPAN #林愛夏 #ロバート#コロコロアニキ pic.twitter.com/BKJVU6jPVo

? OHAOHAアニキ公式 (@oha2aniki) March 23, 2017


また、1980年~83年に連載されていた『とどろけ!一番』は、同時期に連載中だった『ゲームセンターあらし』の構図にそっくり。

『あらし』の必殺技「炎のコマ」と『一番』の「ゴッドハンド」を並べると、構図だけでなく表情や雰囲気までパクっていると判明。

「当時のコロコロはみんな仲間。編集者はヒット作と同じようなことをさせたがる。『あらし』のコミックを保存用と参考用で2冊渡され、見ながら書いた」

悪びれることなく当時を振り返った。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161083960/
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161083960/

【【話題】元人気漫画家が年収6千万から借金生活へ転落…パクりも告白】の続きを読む


1: juggler ★@無断転載は禁止 2017/03/17(金) 21:22:34.18 ID:CAP_USER9
毎年3月17日は『漫画週刊誌の日』です。ご存知でしたか? これは、1959年(昭和34年)のこの日、日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』と『少年サンデー』が発刊されたことを記念に“制定”された日です。

ただし、国や公共団体が正式に制定した記念日ではなく、あくまで業界団体が主導したものであるため、広く知れ渡っているとは言い難いのは事実です。残念ながら今では超マイナーな記念日となっていますが、一昔前には、3月17日にそれなりのイベントが行われていた模様です。
1990年代半ばにかけて黄金時代を迎えた漫画週刊誌

そう言えば最近、電車の中で漫画週刊誌を読んでいる人がめっきり減った印象があります。モバイル文化に精通した若年世代の方々には違和感がないかもしれませんが、40歳代以上の多くの方には頷いていただけるのではないでしょうか。

しかし、今から約20年以上前、具体的には1980年代後半から1990年代半ばにかけて、漫画週刊誌は全盛期を迎えました。

その当時に発売されていた漫画週刊誌は、少女向けや男性向け(注:アダルト雑誌ではない)を含めると、星の数ほどあったと言っても過言ではありません。発売日になると書店の店頭には漫画週刊誌が山積みとなり、すぐに売り切れる状況だったと思われます。

そして、電車の中では、若者に限らずスーツ姿の会社員が漫画週刊誌を読みふけっている光景もめずらしくありませんでした。
空前絶後の発行部数を誇った『少年ジャンプ』、人気4誌の中で際立つ存在に

当時、数多くあった漫画週刊誌の中でも、『少年ジャンプ』(集英社)、『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)、『少年チャンピオン』(秋田書店)の4誌に人気が集まったと筆者は記憶しています(注:雑誌の正式名から「週刊」を省略、以下同)。

その中でも特に、最大の発行部数を記録していたのが『少年ジャンプ』であり、その人気は社会現象になったとも言えるでしょう。その『少年ジャンプ』の発行部数の推移を見てみましょう。
週刊誌の発行部数が653万部、今ではあり得ない数字

『少年ジャンプ』は1968年に創刊されました。その後、当時としてはめずらしかった読者アンケートを重視する編集方針や(評価の低い作品は前倒しで打ち切りなど)、新人作家の積極的起用などにより着実に人気を高めます。

そして、1995年には653万部(3-4合併号)という空前絶後の発行部数を記録しました。念のために言いますが、この653万部は年間の記録ではありません。週刊誌なのでわずか1週間の記録です。この記録はギネスブックにも登録されました(今も記録として残っているかは不明)。
漫画週刊誌の発行部数は壊滅的な激減へ

しかし、“盛者必衰”なのでしょうか、この1995年をピークに発行部数を減らし始めます。2年後の1997年には約400万部(毎週の年間平均、以下同)、2003年には約300万部と減り続け、直近は約200万部に止まっています。ピーク時から20年間で3分の1未満まで減少したことになります。

発行部数が減少したのは他誌も同じです。『少年マガジン』はピーク時の453万部(1995年)が直近は約98万部へ、『少年サンデー』は同じく約228万部(1983年)が約32万部へ、『少年チャンピオン』も250万部(1979年)が21万部へと、各誌とも5分の1から10分の1未満になる壊滅的な激減状態となっています。

特に『少年サンデー』と『少年チャンピオン』の凋落ぶりが著しく、現在では約55万部発行の『ヤングジャンプ』や、約50万部の『ビッグコミックオリジナル』の後塵を拝しているのが現状です。
激減した今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』

こうして見ると、発行部数がピークから3分の1未満に落ち込んだとはいえ、今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』の存在感は圧倒的に大きいようです。“少年ジャンプ、恐るべし”というところでしょうか。

間違いなく、漫画週刊誌の巨人と言えましょう。

漫画週刊誌の発行部数不振の背景には、少子化、ゲーム人気、モバイル普及など、既に言い古された理由が複合的に絡んでいると思われます。もちろん、漫画に飽きたという購読者も少なくないでしょう。しかし、これは時代の流れだから仕方のないことです。

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489753354/ 【【漫画】発行部数激減の漫画週刊誌、それでも『少年ジャンプ』は別格の存在】の続きを読む

1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/03/11(土) 18:34:23.25 ID:CAP_USER9
人気漫画「ベルセルク」の連載が再開されることが掲載誌「ヤングアニマル」で発表され、ファンを喜ばせている。

「ベルセルク」は中世ヨーロッパに似た架空の世界を舞台にしたダークファンタジー。
かつての仲間に裏切られた主人公が、復讐のため魔物たちと戦うというストーリー。
1989年からスタートし、現在コミックスは38巻まで発売されている。

「作者の三浦建太郎は緻密な書き込みをする作家で、もともと筆が遅いのに加えてベルセルクのゲーム化に関与したり、他の作品を書き始めるなどしたためベルセルクは頻繁に休載し、連載期間が長い割に物語が進んでいません。
そのため、作者が生きているうちにちゃんと物語が終わるのか心配されています。三浦氏本人ですら心配しているほどです」(青年漫画誌編集者)

そんなベルセルクがやっと再開するということで、ファンは胸をなでおろしている。
月に1度の掲載で少しずつとはいえ、物語が進むからだ。
ところが、いまひとつ安心できないという声が上がっているのも事実だ。

「今回、ベルセルクが再開するのは、2017年4月からアニメの第2期がスタートするからなんです。
つまり半ば無理やり再開しているわけです。これではいつまた休載になるのか‥‥」(漫画誌ライター)

だが連載継続に向けてわずかな希望もあるという。
「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の鳥山明氏を育てた天才編集者が現在ヤングアニマルを刊行する白泉社の社長になっているからだ。

「社長は『Dr.マシリト』として作中にも登場していた鳥嶋和彦氏です。
鳥嶋氏は漫画家にとても厳しく、あの鳥山氏にさえ一度も休載させませんでした。
ベルセルクの編集に直接携わってはいませんが、彼ならもしかしたら‥‥と淡い期待を抱いてしまいますね。
ぜひ完結まで三浦氏の尻を叩き続けてほしいものです」(前出・漫画誌ライター)

連載継続か、それともすぐに休載か‥‥ベルセルクは物語とは違った所でファンをドキドキさせ続けてくれるだろう。

no title

http://www.asagei.com/excerpt/77024

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489224863/ 【【漫画】<マシリト>『ベルセルク』が連載再開 天才編集者の豪腕でついに完結へ向かうのか!?】の続きを読む

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/11(土) 13:17:55.18 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/12783374/
2017年3月11日 11時0分 テレビPABLO

「上杉達也は浅倉南を愛しています」――あだち充の青春コミック『タッチ』(小学館)から約30年。
このほど、あだちの最新作となるコミック誌『ゲッサン』で連載中の『MIX』(小学館刊)にて、『タッチ』で描かれることとのなかった“幻のシーン”が掲載されることが明らかとなった。

1981年から86年まで『週刊少年サンデー』(小学館刊)にて連載された本作は、双子の上杉兄弟・達也と和也、そして幼なじみのヒロイン・浅倉南との恋と青春を描き、テレビアニメ版も大ヒットを記録した。

ラストでは、達也がピッチャーを務める明青学園が甲子園出場が決まったところまでが描かれ、甲子園での試合の様子は描かれることがなかった。

あだちの最新作『MIX』は約30年後の明青学園を舞台にしたストーリーとなっており、今回描かれるのは、明青学園が優勝した甲子園の決勝戦のVTRを『MIX』の主人公・立花投馬が観ているというシーンで、達也が投球するする姿が登場。
あだちファン垂涎の1話となるはずだ。

■『ゲッサン』4月号
発売:3月11日(土)ごろ
定価:550円
公式サイト:http://gekkansunday.net/series/mix

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489205875/ 【【漫画】あだち充『タッチ』30年越しで描く甲子園決勝戦“幻のシーン” 最新作『MIX』に上杉達也登場】の続きを読む

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/07(火) 21:55:56.30 ID:CAP_USER9
niku

http://natalie.mu/comic/news/223638
2017年3月7日 21:35

ゆでたまご「キン肉マン」のフィギュアが、3月13日よりコンビニ・量販店などで発売されるダイドードリンコのボトル缶コーヒー
「ダイドーブレンド 香るブレンド微糖 世界一のバリスタ監修」「ダイドーブレンド コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修」に付属する。

缶コーヒーに付属するのは「7人の悪魔超人編」よりキン肉マンvsバッファローマン、テリーマンvsザ・魔雲天などの対戦を再現した7種類のフィギュア。
また作中でバッファローマンによってバラバラにされたミートくんが人質に取られたことにちなみ、
このフィギュアにも7分割されたミートくんがボーナスパーツとして同梱され、集めて組み立てるとミートくんが完成する。

さらにフィギュア7種類をコンプリートしたい人向けに、「香るブレンド微糖」7本入りの「正義超人ボックス」、
「コクと香りのブレンドBLACK」7本入りの「悪魔超人ボックス」がショッピングサイト・楽天RaCouponで販売される。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488891356/ 【【漫画】<見せてやる!、ダイドーのテクニックを>キン肉マンフィギュアが缶コーヒーのおまけに、7つ集めてミートくんを救え】の続きを読む

1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/02/16(木) 13:51:15.30 ID:CAP_USER9
2017/2/15 17:00
no title


バンダイナムコホールディングスが、2017年3月期の決算を公式サイトで公開しているのだが、「ドラゴンボール」が凄まじい売り上げを記録していることが判明。いまも現役で「週刊少年ジャンプ」に連載している「ワンピース」を大きく上回っているのだから驚きだ。

出典画像:「ドラゴンボール超」公式サイトより。出典画像:「ドラゴンボール超」公式サイトより

ドラゴンボールが現役作品ワンピースに売り上げで圧勝!

バンダイの2017年3月期第3四半期の決算を見ると、「ドラゴンボール」は今期の3Qまで(バンダイは3月が決算期なので、2016年4月~12月の期間と思われる)に、累計で396億円の売り上げを記録。通期では500億になる見込みとのこと。

バンダイが取り扱っているタイトルで、「ドラゴンボール」の売り上げを上回っているものは、「機動戦士ガンダム」のみで、3Q累計実績565億、通期見込706億だ。その他は、

●「ワンピース」 3Q累計実績232億、通期見込295億

●「仮面ライダー」 3Q累計実績171億、通期見込224億

●「スーパー戦隊」 3Q累計実績136億、通期見込222億

●「妖怪ウォッチ」 3Q累計実績89億、通期見込108億

●「アンパンマン」 3Q累計実績80億、通期見込108億

●「プリキュア」 3Q累計実績49億、通期見込78億

●「アイカツ!」 3Q累計実績35億、通期見込46億

●「ウルトラマン」 3Q累計実績33億、通期見込44億

http://getnavi.jp/life/107929/

1
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487210019/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487220675/ 【【話題】ドラゴンボールの売り上げがワンピースに圧勝の年間500億!】の続きを読む

news_xlarge_captain_kokuchi
1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/02/15(水) 07:52:33.50 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000001-flix-movi

1984年に41歳の若さで亡くなった漫画家の故ちばあきお氏による名作野球漫画「キャプテン」が、「おれはキャプテン」「グラゼニ」(原作・森高夕次名義)などで知られるコージィ城倉の手によって復活することが明らかになった。
4月5日発売のグランドジャンプ9月号(集英社)より、続編の連載がスタートする。

「キャプテン」は1972年から「月刊少年ジャンプ」(※旧・別冊少年ジャンプ)で連載された野球漫画。
墨谷二中野球部の歴代キャプテンたちを主人公に、等身大の少年たちが努力を重ねて、強豪へと成長していく姿を描き大ヒット。
一時期は「週刊少年ジャンプ」誌上で高校が舞台のスピンオフ「プレイボール」も並行して連載され、現在も一般から球界まで数多くのファンを持つ。

スポーツ漫画の新しいスタイルを確立した作者のちばあきお氏は33年前に死去。
もう本人によって描かれることのない新作が、ちばあきお作品を心から愛し、尊敬する城倉の手によって復活する。

続編で描かれるのは、「キャプテン」「プレイボーイ」の“その後”。
墨谷二中野球部の元キャプテンで主人公の谷口タカオが、高校3年生になり、墨谷二中で彼の後を継いでキャプテンを務めた丸井、イガラシらと共に甲子園を目指して猛特訓にはげむ。
連載にあたって城倉は「新機軸は打ち出しません」と断言。
「コンセプトは『何も足さない。何も引かない』。ちばあきお先生が生きていたらおそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか……というテイストを“再現”してみたい」と語っている。

連載開始の9号には城倉のインタビューも掲載。
また本日発売の6号には、2017 ワールドベースボール クラシック(WBC)開幕&「キャプテン」復活を記念した特別とじこみ付録「侍ジャパン×キャプテンコラボピンナップ」が付属。
また、東京ドームで開催される対キューバ、オーストラリア、中国戦のチケットや、ピンバッジ&クリアファイルのセットを総計30名にプレゼントする懸賞企画も実施される。

ちばあきお伝説の野球漫画「キャプテン」が復活!
https://amd.c.yimg.jp/im_siggTHOq.kHyN2fG8JY_d.TOmg---x708-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-000-1-view.jpg
コージィ城倉による新連載の告知ページ
https://amd.c.yimg.jp/im_siggPVnMVq4_iWUNIhsZXOLN5Q---x611-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-001-1-view.jpg
6号には特製ピンナップが付属
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg1Hm5UqSuB7GGtnxkfE2Pcw---x705-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-002-1-view.jpg

※前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487086548/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487112753/ 【【野球/漫画】ちばあきお「キャプテン」が復活!コージィ城倉で名作野球漫画の続編スタート】の続きを読む

E1448525321210_95e4_1_s
1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/10(金) 07:45:22.93 ID:CAP_USER9
2017年02月08日 16時20分 更新

「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 主要漫画雑誌の公表部数データをまとめてみた
2008年時から80万部台を維持する、「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに。

[沓澤真二,ねとらぼ]
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/08/news111.html


 日本雑誌協会が公表している、印刷証明付き発行部数の最新データ(2016年10~12月分)が公開されました。
これを機に、編集部では主要な漫画誌における直近3年間の部数推移を集計。「週刊少年ジャンプ」の部数が1年間で約1割減少するなど、さまざまな事象が確認されました。


グラフ1
主な少年向けコミック誌の部数推移
no title


 漫画誌の発行部数は、対象読者層や週刊・月刊を問わず全般的に減少傾向。近年では特に、約224万部(2016年1~3月)から約201万部(同年10~12月)へと、
約1割減少した週刊少年ジャンプが目立ちます。一方、「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」の減少率は5~7%程度。
数字こそ100万部の大台を割っているものの、下げ幅の面では踏みとどまっているといえます。

 少女漫画誌に目を移すと、2016年では「りぼん」が約18万部で安定。「なかよし」は初めて10万部を割り込みました。
両誌は2008年時に30万部台で競っていたのですが、現在になって明暗分かれたことになります。

 電子版の普及もあり、紙媒体のデータだけでは一概にいえませんが、漫画誌全体の苦境が示されました。とはいえ、
児童向け漫画誌「コロコロコミック」は2016年10~12月で約84万部と、2008年時の約88万部とほぼ変わらずおおむね80万部を維持。
少子化傾向を考えると、むしろ好調とも考えられます。

 参考までに、2016年にスクープを連発して「文春砲」とまで称された「週刊文春」の部数を見ると、2016年内で約2万部増と着実に伸びています。
20世紀末から続く出版不況のなか健闘する雑誌もあり、紙媒体そのものが衰えたわけではないようです。


グラフ2
主な男性向けコミック誌+週刊文春の部数推移
no title


(沓澤真二)

★1が立った日時:2017/02/09(木) 15:23:07.93

前スレ
「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに ★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486651079/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486680322/ 【それよりコロコロ>サンデーだったのか・・・「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前】の続きを読む

このページのトップヘ