<


1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/06/24(土) 00:13:26.31 ID:CAP_USER9
  アイドル戦国時代と言われるほどアイドルグループが乱立する今の時代、アイドルグループとはまた異なる魅力を放つ女性ボーカリストの音楽バンド、ユニットは多数存在します。中にはボーカリストが可愛いと話題になっているバンドやユニットも!そこで今回は、女性ボーカリストが最強に可愛い注目のバンドやユニットについて探ってみました。

1位 和楽器バンド (鈴華ゆう子)
Suzuhana-Yuko-Wagakkiband-3

2位 SCANDAL (HARUNA)
Haruna-Ono-scandal-18395597-320-298


3位 LoVendoЯ (田中れいな)
maxresdefault

4位 SILENT SIREN (すぅ)
c699009700d4034bfc931f7fa33be021



5位 相対性理論 (やくしまるえつこ)
photo

6位 FLOWER FLOWER (yui)
7位 チャラン・ポ・ランタン (もも)
8位 ЯeaL (Ryoko)
9位 ねごと (蒼山幸子)
10位 ケラケラ (MEME)


■1位は「和楽器バンド」!

最近特に話題になっているバンド・和楽器バンド。尺八や三味線、和太鼓などの和楽器にギターやドラムという洋楽器を加え、“和とロックの融合”という新しいカテゴリーの音楽を打ち出していることで世界から注目されています。
フランスのパリで行われた『JAPAN EXPO2014』で人気を集め、最近では日本のメディアに登場する機会も増えてきました。そんな和楽器バンドのボーカルを務めるのが鈴華ゆう子。目鼻立ちがハッキリとした顔立ちの美人ボーカリストとして知られています。今風に結い上げた黒髪、和服姿でカッコよく歌い上げる彼女の姿を見てファンになる人が多数。1位となりました。

■2位は「SCANDAL」!

  女性4人組のガールズバンド・SCANDAL。メンバー全員が美人ということで人気を集めています。中でも特に人気があるのがボーカルのHARUNA。
涼しげな目元が印象的なクールビューティーの彼女。力強くカメラをにらみつけるような表情にハートを鷲づかみにされる人が多数。少しギャルっぽい雰囲気も人気の理由のひとつ。これからもっとキレイになりそうだと思っている人が多く、2位に選ばれました。

■3位は「LoVendoЯ」!

元アイドルグループ・モーニング娘。のメンバーであった田中れいな。元々歌唱力に定評があった彼女。現在はガールズバンド・LoVendoЯのボーカルを務めています。パッチリとした大きな瞳と強気な眉がトレードマーク。一筋縄ではいかないような小悪魔系フェイスが人気を集め、3位となりました。>>2016年にメンバー1人が卒業しています。

  このように、ボーカリストが最強に可愛いバンド・ユニットは多数存在します。
みなさんは、どのバンド・ユニットの女性ボーカリストがお気に入りですか?

https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4451/

【【顔面偏差値】女性ボーカルが超可愛いバンドランキング】の続きを読む


1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/22(木) 19:54:13.93 ID:CAP_USER9
  21日放送の「戦え!スポーツ内閣」(毎日放送)で、ボクシング元世界王者の飯田覚士氏が、番組企画で一般人とリングで戦った元世界王者・亀田興毅氏に苦言を呈した。

  番組には、ゲストに亀田氏を迎え、「亀田興毅に勝ったら1000万円」(AbemaTV)を話題にした。これはネット番組の企画で、1日で4組の素人と戦ったことが大きな話題となっていた。


  この企画について意見を求められた飯田氏は「僕は反対派ですね」「全然もう僕は納得してないですね」と物申したのだ。飯田氏は企画への感想として「興奮しますけど、そのさせ方ですよね。興味の持たせ方ですよね。そこを僕は全否定」と強い言葉で言い切る。

  飯田氏は、企画がボクシングについて「ワルがやるとか、不良のスポーツみたいなそれを上塗りするみたいなところ」を問題視。「美談になってますけど、僕はイヤです」と重ね重ね企画を否定したのだった。

  そんな飯田氏は、企画の具体的な問題点として「(素人を)殴っちゃダメでしょ!」と指摘。実際に殴らなくても、スピードやテクニックなどでボクシングの素晴らしさを伝えることはできたはず、という持論を展開したのだった。

  亀田氏は「リングの上では嘘をつきたくない」といい、本気で応戦しなければ相手のためにならないと飯田氏に反論した。そして、自らが行った方法はボクシングを広めるために「手っ取り早い」方法だったと話したが、飯田氏は「そこがダメなんですよ」と最後まで納得していない様子だった。

2017年6月22日 17時55分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13238474/

【【格闘技ニュース】ボクシング元世界王者の飯田覚士氏が亀田興毅を全否定するwww】の続きを読む


1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/23(金) 14:58:38.85 ID:CAP_USER9
6/23(金) 14:34配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000101-sph-fight
大仁田厚(左)と有刺鉄線デスマッチで戦うミスター・ポーゴさん
no title

 悪役レスラー、ミスター・ポーゴとして活躍した関川哲夫さんが23日未明、群馬県内の病院で亡くなったことが分かった。66歳だった。

 関係者によると関川さんは、腰の手術を行っている最中に、血圧が低下し、脳梗塞を発症したという。顔にペイントを施した悪役レスラーとして、ケンドー・ナガサキとのタッグで新日本プロレスのタッグリーグ戦に参戦。FMWでは極悪大王として、大仁田厚(59)とデスマッチを繰り広げた。

 ◆ミスター・ポーゴ 本名・関川哲夫(せきがわ・てつお)1951年2月5日、群馬県伊勢崎市生まれ。71年、中大経済学部国際経済学科を中退し大相撲の大鵬部屋へ入門。翌年2月にプロレスラーに転身し、単身渡米した。
ペイントレスラーとして、89年まで米国を主戦場に戦い、90年にFMWに参戦。「デスマッチの帝王」を名乗り、大仁田厚らと数々の死闘を繰り広げた。00年、伊勢崎市でWWSプロレスを旗揚げ。03年には群馬県伊勢崎市議選に立候補したが、落選。地元のプロレス興行のプロモーターを務めていた。
現役時代は185センチ、130キロだった。

【【FMW・W☆ING】<大仁田の盟友>デスマッチの帝王、ミスター・ポーゴさん死去 66歳 】の続きを読む

このページのトップヘ